意外と知られてない?サウナのメリット&活用の方法!

信州ブログ

皆さん!最近サウナがブームになってきているのをご存知でしょうか。

ある調査によると10人に一人は週に一回サウナに行っていると発表されてます。

サウナの入り方

なので今回はサウナの効果と正しい入り方を紹介したと思います(^。^)

最初にサウナのメリットを説明したいと思います。

脳疲労がとれる、精神が安定する、アイディアが湧きやすくなる、睡眠の質が上がる、皮膚が綺麗になる

●サウナに入るメリット

※サウナとは、サウナ→水風呂→外気浴がセット

●サウナの効果

サウナの効果やメリットをここで細かく説明していきたいと思います。

●脳疲労がとれる

なぜ脳疲労がとれるか、それには2つの理由があります。

1つ目は無理やり脳を休めることができることです

サウナに入ると高温度の為、からだが危機的状態と認識するので戦闘態勢に入ります。また水風呂でもからだをいっきに冷やすことでも同じ状態になります。

からだが危機的状態になり戦闘態勢に入ると、脳を働かせる暇がないため強制的に脳を休ませることができます。

2つ目は脳内の血流が促進し、脳内を綺麗にすることができる。

サウナに入いると体全体の血流の流れが良くなります。そして水風呂に入ると皮膚表面の細かい血管のみが収縮します。

皮膚表面の細かい血管が収縮するため、太い血管のみで血液を循環されなければいけません。 その結果太い血管のみ血流が促進されます。

それのため脳には太い血管が直接繋がってので、脳内のゴミ(老廃物)を一気に押し流すことができます。

脳が危機的状態になることで脳内物質が2つ分泌されます。

一つ目はエンドルフィンです。

エンドルフィンには、➀老化防止➁血液循環を良くする➂免疫機能の向上です!

2つ目はアドレナリンです。

アドレナリンには、①鎮痛作用②脳機能の向上③頭がさえるなどです。

サウナと水風呂を行うことで体を危機的状態にし、その際に脳を強制的に休め、温度の変化を使って脳内の血流を良くして老廃物を押し出します。

そこに脳内物質も分泌され、相乗効果になります。

●脳機能の向上と集中力継続

サウナに入ってることによって脳内のα波とβ波が正常に整います。

集中力を継続にはα波が大きく関わっています。日頃の生活で乱れることもありますが、サウナに入ることで正常に整います!

β波は主にひらめいたり、アイディアを出したりする時に大きく関わります。β波もサウナに入ることでしっかりと整えることができます。

●自律神経を正常化する

自律神経とは副交感神経と交感神経のことを表します。

サウナに入ることによって、体のオンとオフが激しく入れ替わります。

この効果によって体が交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになり、自律神経が整います。

自律神経が整うことにより、穏やかになり、やる気や集中力が継続します。

血流と新陳代謝の活性化

サウナに入ることにより、体温が上昇し血流が良くなり、肩や腰の疲労改善にも繋がります。

全身の血流が良くなることで発汗が促進され、しっかりと毛穴が開き汗と共に汚れが外へ押し出されます。その結果美肌や化粧のノリが良くなるなどの効果もあります。

全身の血流が良くなるということは代謝も上がります。代謝が上がることで痩せやすい体を作ることもできます。

●サウナの入り方

サウナは心地良いと感じる程度に入ることが重要になってきます。

そのことを重視した上で入り方や時間などのポイントを説明したいと思います。

時間は5分〜10分程度を目安にしましょう。もう一つの目安は心拍数を確認にすることです。

水風呂は肩まで浸かり2分くらい入りましょう。この時息を吐きながら入ることによりスムーズに入ることができます。最後の外気浴は季節によって異なりますが、大体5分〜10分程度行いましょう。

この時のサウナ→水風呂→外気浴を2〜3セットほど行い、移動の際には安全に気をつけて早め移動するとより効果的です!

●まとめ

今回はサウナの効果と入り方について説明しました。最後に重要ところを再確認します。

●サウナの効果

脳疲労がとれる。

サウナに入ることでからだが危機的状態となり、強制的に脳を休ませることができる。血流の流れ良くなり、水風呂に併用するとにより脳内の疲労物質を押し出してくれる。

脳機能の向上と集中力継続

サウナに入るとにより脳内のα波とβ波が正常化されます。α波は集中力継続に関わり、β波はひらめきやアイディアなどに関わる。

自律神経の正常化

サウナに入ることで、自律神経がオンとオフ切り替えられ、自律神経が正常化する。自律神経が整うことで穏やかになり、やる気がでる。

血流や新陳代謝の活性化

血流や新陳代謝の活性化で肩や腰など疲労回復や、美肌効果、痩せやすい体質になる。

●サウナ入り方

心地良いと思える程度に入るのが重要。時間の目安は5分〜10分で脈拍でも確認したい方がよい。

水風呂は息を吐きながら肩まで2分程度つかる。

外気浴は5分〜10分程度することにより、体は副交感神経が優位になっていて、脳内にはアドレナリンやエンドルフィンが残っているので脳がさえている感覚が得られる。

このようにサウナにはたくさんのメリットがあり、うまく活用することにより仕事とやプライベートを充実させることができます。

是非、参考にしてみて下さい(^◇^)

タイトルとURLをコピーしました