春が旬! 食べてぴちぴち肌を手に入れよう

柔整治療

桜も散り、新芽が伸びてきて、過ごしやすい日が続いています🌸

春は出発の時期、新生活も始まりたくさんの出会いがあると思います。

そんな時期に何よりも大切なのは第一印象です。人が第一印象を判断する時は顔を見るよりも肌を見ているという研究もあります。

そこで今回は春が旬な食べ物で美味しく、美容効果がある食べ物を紹介したいと思います。

春は肌荒れしやすい季節

春は朝晩の気温差が激しくなりやすいので注意が必要です。寒暖差が激しくなると自律神経が乱れやすくなってしまいます。またホルモンの分泌も乱れてしまいます。

その影響で肌にも大きな乱れが出ます。

また春は紫外線の量が思っているよりも強い季節になっています。なので春だからといって油断は禁物です。

他にも春は花粉が多く飛ぶのでアレルギー反応が出やすくなり、免疫力も下がります。免疫が下がることで肌のバリア機能も落ちてしまい、肌荒れの原因になります。

なのでスキンケア+αで食べ物を意識することで肌を守り、ぴちぴちな肌を手に入れましょう。

お肌の外側のケアも大切ですが、それ以上に体の内側のケアの方が大切になってきます。そこで今回は体の内側を整える食べ物を紹介していきたいと思います。

春は旬な食べ物も多く栄養も満点

『春の息吹き』という言葉があるように春は植物や動物たちに活気が溢れる時期です。

そんな時期に取れる栄養満点な食べ物を食べることで体の中から健康になります。

そこで一番大切なのは腸内環境を整えることが重要になってきます。栄養価の高い物を食べても消化吸収ができなければ意味がありません。

後はバランスを考えて食べることが大切になってきます。

なので栄養価が高いかどうかだけでわなく、バランスが取れているかもかなり重要になってきます。

肌をプルプルにする食べ物

●菜の花

桜と共に綺麗に咲く菜の花は、お肌にもよく栄養も満点です。

菜の花には、「ビチオン」と呼ばれる成分が含まれています。ビチオンは、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンであり、「ビタミンH」と呼ばれる栄養素になります。

ビオチンは体内で脂肪や蛋白質、炭水化物などの代謝に関るエネルギーを補助する役割があります。タンパク質の代謝が良くなることで、髪や皮膚の健康を維持してくれるので、いつまでも若々しくいれます。また薄毛や肌荒れが気になる人は積極的に食べましょう。

●わかめ

カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富で日本人が消化吸収しやすい食べ物の代表です。

またワカメには新陳代謝を促進するヨウ素も含まれてい働きがあるヨウ素も含まれています。

食物繊維も豊富。腸内環境を整えたい方におすすめです。

腸内環境を整えることによって、肌荒れなどの悩みの解消が期待できます

●カツオ

カツオにはたくさん栄養がつまっています。

カツオには『ナイアシン』がたくさん含まれています。ナイアシンには血流の循環を良くする働きがあります。血流がよくなることで皮膚全体に血液がいきわたり、ターンオーバーも促進してプルプルな肌にしてくれます。

また貧血が原因で肌にくすみがでる場合でも、カツオにたくさん含まれる鉄・ビタミンB6が貧血改善に効果的になっています。

まとめ

表面的なスキンケアも大事ですが、体の中から健康にすることでプルプルの肌を手に入れることができます。なのでまずは腸内環境を整えることが大切になってきます。

なによりも旬の食材を食べて体にたくさんのエネルギーを蓄えて健康な肌を体の内側からつくっていきましょう。