電気治療について

ケガなどをされて整骨院、接骨院、整形外科などを受診するとよく治療として『電気治療』を行うかと思います。

ですが『電気治療』ってなんのために行うのか、どんな効果があるのかってあまりわかりませんよね・・( ;∀;)

ですので今回は『電気治療』について投稿していきたいと思います(*^_^*)

まず電気治療と言っても主に『干渉波治療器』と『低周波治療器』とがあります。どちらもあまり違いはありませんが周波数の違いで分けられています。

●干渉波治療器は主に筋肉の層に刺激を与え筋肉の収縮を促し筋ポンプ作用を起こさせ痛みの原因となっている停滞物質などを血流で取り除くような作用です。

●低周波治療器は痛みを伝えている太い神経に作用させ痛みと言う刺激が脳の感覚野に到達する前に抑えるような作用です。

体内での作用の仕方は違いますがどちらも『痛みを軽減させる』と言う目的は同じです。

ですので実際治療院などで施術される場合でも痛みが生じているところ、気になる部位などに電気治療を行うことがほとんどです。

また筋肉のポンプ作用を利用しますので血流も良くなり血行促進作用もあります(#^^#)

そんな『電気治療』ですがよくある質問として刺激が強い方がいいの?、どのくらいの刺激がちょうどいいかわからない・・・などがあります。

『電気治療』の刺激は簡単に言えば『自分自身がちょうどよいと感じる刺激量』が適切と言えます。強い方が効果が高いなどはあまり関係なく施術を受けている時にその刺激が苦にならないのが重要です。

慢性的な疾患や身体の様々な部に行える『電気治療』ですが心臓ペースメーカなどの体内植込型の医療機器がある場合、悪性腫瘍、感染症、急性疾患、意思表示がしっかりとできない人、皮膚の知覚障害、目、瘢痕組織など禁忌もありますので注意が必要です。

なにか気になること、心配なことがある際には院のスタッフに気軽に質問することが大切です(*^^*)

治療の目的、効果を知っておけば安心して治療を受けることもできますし疑問なく治療を受けることができるかと思います(*^^)v

カテゴリー: 柔整治療

現代医学的な鍼灸治療

○古典的鍼灸治療○中医学的鍼灸治療○現代医学的鍼灸治療と様々治療がある中今回は『現代医学的な鍼灸医療』について投稿していきたいと思います!

『ベースは西洋医学』

古典的鍼灸治療、中医学的鍼灸治療は主に『東洋医学』をベースに治療や診断を行います。一方現代医学的鍼灸治療は『西洋医学』を主にして診断、治療を行います。

筋肉や関節、神経と言った組織を中心に治療を行います。特に『解剖学』、『生理学』の知識を応用して鍼を刺入します。

ですので何か疾患がある場合にはその関連する筋肉や神経を直接狙い刺入する場合が多いです。

さらに鍼を刺入し筋肉の弛緩効果を得ることができますがその他にもホルモンの分泌を促したり疼痛閾値の調節などなど様々な効果を得ることが可能です!

そして他の治療法と大きく違うのは『エビデンス』(根拠)に元ずく治療を行うということです。エビデンスとは実際にこの治療はどのような場所にどのようにアプローチしその結果どのような結果、効果が得られるのかを実験、検証し科学的に証明されたことなどを言います。

古典的な鍼灸治療や中医学的鍼灸治療にはエビデンスはないのかと言うとそうではなくて効果としては確かに確実な様々な効果が発生しており、その過程で何が起こってその結果になっているのかと言う証明付けができておらず現在でも医師や研究者、鍼灸師が研究を行っております。最近では少しずつですが解明してきたことも多く良くテレビなどでも取り上げられているのを目にします。

以前投稿した『東洋医学』の思想とは違い鍼、灸を使い解剖学、生理学などの人体の構造や生理機能に則った刺入や治療を行います。鑑別診断や徒手検査などを行いどこにどのような原因で症状が出ているのかを明らかにします。

病院や介護施設など他の医療機関との連携を取っていたり他のものとは違いが大きいです。

鍼通電

現代医学的鍼灸治療の治療法の一つとして鍼通電(電気パルス)と言う方法があります。名前からして少し怖い、抵抗のあるような治療法ですが・・・(笑)

実はこの治療法とっても効果的で効率も良いのです(#^^#)

主に『筋肉の弛緩』、『血行障害の改善』、『疼痛の緩和』、『自律神経系の調節』などに効果を期待できる治療法です。

どのようにして行うのかと言うと例えば筋肉の硬結や痛みが生じている部位の近くに鍼を刺入しその近くの部位、あるいは痛みがある部位を挟むように鍼を刺入します。刺入した鍼の先の方に専用のコードを挟み機械で電気を送っていくような流れです。

これだけではあまりイメージもわかず怖そうな感じしか残らないですよね・・(笑)

実際に行った体験談を申しますと全く痛みはなくブォーンと言うような刺激が筋肉にかかっている感じです。表面の皮膚などに『ビリビリ』、『チクチク』と言った感覚は無く筋肉に刺激がくる感じです。そして治療が終わった後はスッキリと軽くなった感覚があり筋肉の弛緩効果を実感することができました(*^^)v

ですがこれはしっかりと狙った筋肉に適切な角度、深度、鍼の太さ、電圧で治療を行った場合に生じる効果でありかならず痛みや不快感はないと言うことはありません。

また筋肉を他動的に収縮させることもでき脳卒中での麻痺や筋力低下、自分で動かせない時などに、あるいはリハビリとして行う場合もあります。

盛んな研究

現在医学の著しい進歩もあり多くの疾患が治療、治癒することができるようになりました。しかしそんな中でも治療するのが難しい、治療法はない、などの難病や不定愁訴を訴える慢性的な症状などはあまり治癒や治療が難しいです。

そこで現在注目されている治療法の一つが『鍼灸治療』になります!

先ほども申しましたが鍼灸治療には効果があるが科学的な証明がなされてない治療法が多いです。そのような研究も盛んに行われておりますが『現代医学的な鍼灸治療』は特に大学や研究所で様々な研究が行われています!

鍼灸治療にはまだまだ色々な可能性が秘められており期待も増しております!(^^)!

簡単ではありますが『現代医学的な鍼灸治療』についてまとめました。

何か鍼灸治療のことで疑問に思うことがあった際にこの記事がお役に立てれば幸いです(*^^)v

カテゴリー: 柔整治療