腰部椎間板ヘルニアについて

足の先が痺れたりダルイ、感覚がおかしい、片側だけ力が入らない。。。

なんて症状が発生する『腰部椎間板ヘルニア』について今回は投稿していきたいと思います。

●そもそもヘルニアとは?

『ヘルニア』と言う言葉の意味は主に元ある位置からずれる、逸脱すると言う意味があります。

ヘルニアと言う疾患に当てはめると脊髄の内部に存在する『髄核』と言う梅干しの種のようなものが様々なことが原因で元ある定位置の脊髄から逸脱し左右に飛び出してきてしまいその結果周囲に存在する神経などを圧迫してしまいその神経の支配領域に痺れやダルさ、筋力低下などの症状が生じてくるようなことになります。

腰にしか発生しないと思われがちですが実は頸部にも発生します。

頸部も同じような機序で頸部椎間板ヘルニアと言う名前で発生します。

また鼠径部に発生する『鼠径ヘルニア』と言う疾患も存在します。

この場合は腸が逸脱してしまい発生するいわゆる『脱腸』と呼ばれているものです。

このようにヘルニアと言っても様々なものが存在します。

●症状

障害される部位により症状が変わってくるのも『腰部椎間板ヘルニア』の特徴の一つです。

腰椎は5つありそれぞれL1,L2と言ったように表記します。この神経が圧迫される高さで障害される神経も変わってきます。例えば・・・

L3、L4間の障害→下腿内側の痺れや感覚異常、前脛骨筋の障害で足関節の背屈障害、膝蓋腱反射の減弱など。

L4,L5間の障害→下腿前外側の痺れや感覚異常、長趾伸筋の障害で足の指の背屈障害など。

L5,S1間の障害→下腿後面の痺れや感覚異常、長腓骨筋の障害で足関節の底屈の障害など。

このような症状が生じてきます。※S=仙骨

ヘルニアは下位腰椎に好発するのでL1やL2などの上位は今回は省略しました。

主に生じてくる症状は『足の痺れ』です。この症状はどの部位で障害が生じても発生することが多いです。

どの部位で障害されているかを知るためのテスト法も存在します!

上位腰椎→FNSテスト(大腿神経伸展テスト、)

下位腰椎→SLRテスト(膝伸展下肢挙上試験、Straight leg raising test)

などが一般的に行われます。

●治療

主に保存療法での治療が一般的になりますが『膀胱、直腸障害』を伴っているものは緊急手術の適応となります。

一般的に保存療法で安静が必要な場合は腰部のコルセットなどを用いて局所を安静にします。場合によっては消炎鎮痛剤の投与、硬膜外ブロック注射を行います。

これが一般的に推奨されている治療法ですが当院ではこのほかにも効果的な治療を行います!

足や腰部の筋肉をしっかりと弛緩させ緊張などのストレスを取り除きその状態で腰部のけん引療法を行います。

けん引も短時間ではなく持続的に行い局所を温めながら行うと効果的です(#^^#)

また鍼灸治療も同時に行っております!

今何かと話題な鍼灸治療ですが『痛み』や『痺れ』と言った一番著明に出現している症状を緩和させることにとても長けている治療法です(*^_^*)

この鍼灸治療と手技、けん引療法などにより患部へアプローチし治療を行っております。

カテゴリー: 柔整治療

デスクワークと肩こりについて

肩凝りは今やたくさんの人が自覚的に感じている悩みの一つですがよく『パソコン』や『書き物』のようなデスクワークを行っていると悪くなったり肩がこってくると聞きます。

ですのでデスクワークと肩こりにどんな関係があるのか少し考えてみたいと思います!

●姿勢が悪い??

よく姿勢が悪いからとも聞きます。

デスクワークをしている姿勢を考えてみると・・・

椅子に座り、体勢を少し前に倒し、頸を傾け画面を直視、両腕を前に出して作業をする。

こんな感じですね。一つ一つ見ていくと、、、

まず椅子に座っている姿勢では下半身は固定されていますが上半身は前方や後方に倒れないように筋肉で固定しています。

その固定している姿勢から体勢を少し前に倒すことで背中側にある姿勢を正している『脊柱起立筋群』を強く収縮させます。

さらに画面を見るために頸を傾けることで脊柱起立筋群や頸部の頭板状筋、後頭下筋群などが収縮します。

そして両腕を前に出して作業をすることで肩甲骨周りの筋肉は伸ばされるような形になります。その体勢が長時間続けば筋肉は緊張してきますし血行も悪くなり背中の肩甲骨周りがビーンっと痛くなってしまったり違和感が生じてきてしまいます。。。

このような状態がデスクワーク中の姿勢ですね。

確かに身体にはあまりよくなさそうです・・・(*_*)

頭痛が生じる

これもデスクワークをされている方には多い悩みです。

元々『頭痛持ち』の方もいると思いますが仕事を始めてから頭痛が生じるようになった。と言う方も多いです。

なんでデスクワークで頭痛が生じてきてしまうのでしょう?

原因はたくさんあると思いますが特に『画面の直視』や『頸部の屈曲』だと思います。

まず画面の直視から考えますと画面全体を長時間見ている状態ですので目を動かしている筋肉(内眼筋)が緊張して疲労してきます。内眼筋は頭の奥の方にありますのでそこへの血流が阻害されますし頭の奥の方に違和感や痛みなどを感じてきます。そのようなことが原因で頭痛が起こると考えます。

次に頸部の屈曲ですがこれは姿勢の話と似てきますが頸部を屈曲すると頸の後ろ側の筋肉達は頭が下にそのまま落ちてしまわないように緊張して頭を釣り上げています。

筋肉達は長時間同じようなストレスが加わり緊張し柔軟性を失い硬くなってきてしまいます。こうなると肩こりなどが生じてきてしまいます。

また周囲の血管を圧迫することで血流も阻害されてしまいます。

頸周りの血管は脳に血液を送ったり脳から血液を心臓に返したりしていますのでそのあたりで血行が阻害されると巡りも悪くなりますし停滞なども多少起こってしまいます。

このようなことが原因でこちらも頭痛が生じてくると考えます。

この2つのことはだいたいデスクワークですと同時に起こりますのでそれにより長時間作業をしたり疲れてきたりすると『頭痛』が生じてきてしまいます。

予防

頭痛が起こってくると仕事にも集中できなくなってしまいます・・・

ですので簡単にできる予防法をご紹介します!

●定期的に動かしたりストレッチをする!

同じ姿勢が続いてしまうと筋肉は硬く張りを帯びてきてしまいます。ですので定期的に頸を回したり頸の下にある僧帽筋などをストレッチすることで筋肉のテンションも変わりますし血管も伸ばされたりすることで血流も回復しますので硬く張ってきにくくすることができます!(^^)!

●しっかりと温める

筋肉や血管は適度な温熱で緩んだり血行促進などの効果がありますので自宅などではお風呂に10~15分ぐらいつかりしっかり温めたり寝ている際に冷えてしまわないように着こんだりホッカイロなどで温めるようにして寝たりすることで翌日起きた時から症状が出ているなどの状態を改善できると思います。

●ケアをする

これは自分で温めたりストレッチなどを行っていても筋肉が硬くなってしまったり頭痛がしてきてしまったりする原因は毎日繰り返されます。ですので整骨院や鍼灸院、もみほぐしなどで定期的に筋肉を揉んだりして弛緩させ筋肉にとって楽な状態を作ってあげることが良いと思います。平日ずっと筋肉が凝り固まり辛い思いをするよりも週に一回ほど施術を受け楽な状態を作ることでだいぶ調子は変わってくると思います(#^^#)

もしデスクワークや肩こりなどで困っている際にこの記事がご参考になれば幸いです。

当院でもこのような症状に特化した施術がございますのでなにか気になることがある際にはお電話ください(#^^#)

信州鍼灸整骨院 ℡:048-864-5400(診療時間外でも可能)

カテゴリー: 柔整治療