交通事故自賠責治療

●交通事故施術の重要性

交通事故は予期せぬタイミングで発生し体には強力な外力が生じます。

この交通事故で生じたムチウチや捻挫などのケガは長引くことが多く軽視してしまうと症状が長引いてしまったり違う症状を併発してしまったりもします。

“そのうち治るだろう”とか“気のせいかな”と自覚症状を軽視せずにしっかりと対処しておくことがとても大切!

交通事故で生じた痛みは発生直後より少し経過してから痛みが増してくることが多いです。

後々辛い思いをしないためにもしっかり正しい施術を受けることが重要です。


●交通事故でのケガは軽視せずに!

先ほども記載しましたが交通事故で生じる外力はとても大きなものです。

時には骨折や脱臼、靭帯損傷などを引き起こすほどのものですから湿布や塗り薬では中々改善は難しいです。

また交通事故でケガを負いながらお仕事もしなくてはいけないでしょうから最初は大したことない痛みでも長引いて辛い思いをしてしまう方が多いです。

交通事故に遭った直後は交感神経の作用で体が『興奮状態』ですから多少の痛みや違和感には気が付かないことが多いです。徐々に痛みや違和感が現れ始めるので些細な違和感や痛みを比較的初めの段階で対処しておくことでその後の経過が随分と変わってくると思います。


●治療方法

交通事故でのケガと言ってもその人によって程度や部位、症状は様々です。

交通事故の患者さんにはこの治療を行う。と言うわけでなくその症状やライフスタイルに合わせて物理療法や手技療法など適した治療を行います。

相当な外力が生じるわけですから違和感や痺れ、可動域制限など色々な症状が起こります。

そのほとんどがすぐに軽快するような軽い症状ではなく長引いたり違う体の不調を併発してしまったりします。

当院では35年以上培ってきた経験と技術により患者様に無理なく安心した施術を行っております。

また症状の改善が緩慢な方などには『鍼灸治療』も行っており東洋医学、西洋医学の2つの観点から症状にアプローチができるのも当院の強みです。


●交通事故治療の流れ

◆交通事故の治療手順

ステップ① 保険会社へ連絡>>>

当院が保険会社との間に入り施術を行う旨を伝え承諾を得ます。

ステップ② 症状の確認>>>

病院での診断結果を元にその時に生じている痛みや違和感、可動域制限などの症状を徒手検査などを用いて確認します。

ステップ③ 治療の開始>>>

診断書や検査の結果を踏まえ患者様に適した施術を行います。尾の方のライフスタイルやクセ、既往歴などにより施術内容は異なります。

自宅でできる運動療法や日常生活での注意事項などのアドバイスも行います。


◆治療の開始

ステップ① 問診などの評価>>>

病院で診断された診断書の内容や事故発生時の樹生興をもとに現在生じている症状を確認します。漢文状況、可動域制限、疼痛、熱感、などの色々なことを確認し施術方針を決定します。

ステップ② 施術>>>

患者様の症状に合わせて施術を行います。電気療法、手技療法、けん引療法、温熱療法などを行い患部の治癒を促進させます。

期間は症状によって異なりますが3~6か月ほどです。

ステップ③ 施術の終了>>>

生じていたが症状が軽快、消失したかを確認し施術が終了となります。

保険会社に連絡し書類の確認を行います。

※万が一交通事故に遭ってしまったら、最低限これだけは!
◆警察に届け出ましたか。
◆相手方の氏名、住所、連絡先はもちろんの事、任意保険の有無、保険会社名などできる限りの詳しい情報を収集しておきましょう。
◆軽いケガだと思っても信頼できる病院でCTやMRIなどの検査を行い少しでも気になる症状は伝えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました