開業34周年を迎えました。

当院は5月に開業34周年を迎えました!これまでお世話になった方や患者様に感謝を込めてより一層南浦和で唯一無二の治療を提供できるように頑張ってまいります。

34年間南浦和で整骨院、鍼灸院を営業してきた中で今でも多く聞く疑問として『どんな時に整骨院、鍼灸院を受診知ればいいのかわからない』と言うことがあります。ですので今まで診療してきた中でどんな患者様が多いのか、どんな症状の時に受診すればいいのかなどを解説していきたいと思います(#^^#)

整骨院、鍼灸院とはそもそもどんな人が経営しているの?

整骨院、鍼灸院、整体院、もみほぐし、など様々な名前で看板が出ておりますがその内容としてはしっかりと分けられております。まず整骨院、鍼灸院では国家資格を有した柔道整復師、鍼灸師の医療従事者でないと診療することができません。ですので医療系大学、専門学校などで3,4年学習し各、国家試験に合格しなければ名乗ることも施術することもできません。整体院やもみほぐしなどは一般的には資格が定められておりません。リラクゼーションなどを目的として行っているところも多いです。大きな違いとしては国家資格を持った医療従事者がいるかどうか、健康保険が使えるかどうか、などがあります。

柔道整復師、鍼灸師は医療分野として専門的なことはもちろん様々な疾患に対する知識、人体の基本である解剖学、生理学などを医療系大学、専門学校で学んでおります。ですので医師が診療するべき疾患の徴候が出現している症状などの場合は専門の医療機関を紹介する場合もあります。また健康診断の結果で何が書いてあるのかわからない場合にはご説明することもできます!(^^)!

どんな時に受診すればいいのか?

整骨院で健康保険を使用して施術を行える疾患は決まっており骨折、脱臼、捻挫、打撲の急性期、亜急性期に対する施術となります。日常生活内で発生した外傷(ケガ)などが該当します。最近では健康保険を使わずに自由診療と言う形で施術を行う院も増えております。その理由としては健康保険が適用される疾患以外にも整骨院、鍼灸院で治療できる疾患は多いからです!

その中でも鍼灸治療は対応できる疾患がたくさんあります!意外と知られていないですが例えば・・・不眠症、頭痛、耳鳴り、自律神経失調症、婦人科疾患などたくさんあります!(^^)!なかなか改善されなかった症状などの解決にお役に立てるかもしれません!

どんな治療をしているのか?

ベッドにうつ伏せなどになるとどんな治療をしているかわからないですよね。またマッサージとは何が違うのでしょうか?マッサージとは筋肉の弛緩や副交感神経を有利にしリラックス効果を促進させたりする日本では『あん摩マッサージ師』と言う国家資格を有した医療従事者が行える施術になります。整骨院で行っている施術と何が違うのか言うと柔道整復師が行っているのは『手技療法』と言われるもので手や指を使い関節、筋肉の過剰な緊張を弛緩させたり、末梢毛細血管を拡張させたりする施術です。例えば急性の腰痛で原因が筋の過剰な収縮だった場合にはその筋を弛緩させストレスを取り除かなければなりません。その際に整骨院では手技療法を用いて筋や関節を弛緩させます。その他に電気療法や温熱療法、運動療法などを用いて疾患に対する施術を行います。

このようなことを多く聞かれます。実際に来院して施術を受けるまでは知らないことがたくさんあります。強いて知っておいてもらいたいことは意外と身近な症状や疾患でも治療ができると言うことです!健康保険を使用できるかどうかは場合によりますが普段から存在する嫌な症状や病院に行っても薬しかもらえず根本的な治療ができていない症状などの改善にお力になれる場面が多いと思います!

当院でもそういったケースの患者様が多く来院されております。自己判断で『もうどうせ治らない』、『しかたがない』と判断せずに専門的な知識を持った資格者の意見を聞くのも一つの手段だと思います。当院ではお電話からでもご相談を受け付けておりますので何か気になることがある際にはお電話ください(*^_^*)

カテゴリー: 柔整治療