ばね指(弾発指)

原因
 ばね指とは、指が痛く、一度指を曲げると伸びなくなってしまうこと。
 指を曲げる腱は、その腱が動くときに横にずれないようにトンネルの
 中に腱鞘という腱を覆っている膜のようなものが行ったり来たり
 しています。指を使いすぎると、このトンネルの中で浮腫(はれ)が
 きて、炎症を起こします。これが重なると、腱鞘がはれたり、腱が
 大きくなったりして、腱がトンネルの手前で動きが停まることがあります。
 (多くは腱にコブができて、これがトンネルの中に入るのを邪魔している
 のです)。そして無理矢理に指を伸ばすと、痛みが出て、突然にバネじかけ
 のようになって指が伸びます。 これが弾発現象といわれるものです。腱が
 無理矢理に行き来しますので、こすれて炎症を起こし、ここでも腱鞘炎を
 起こして痛いのです。
       
 

治療
 治療は、温めたり、その上の皮膚をこすったり、痛み止めの塗り薬などを
 塗ったり、貼り薬を貼ったりして、血のめぐりをよくしたり、炎症を
 抑えたりします。急激に痛くなったときは冷やすのもよいでしょう。
 又、治療経過が良くない場合や物理療法と並行して、この腫れたところに
 ある種の薬を注射して炎症を鎮静させることです。この注射はかなり効果的
 です。このようにしてもよくならないときは手術をします。
 1cm ぐらい切って、腱が通るトンネル(腱鞘)を切り開きます。

PAGE TOP