とにかく目が疲れてしまう・・・眼精疲労について

疲れ目、目の乾燥、ピントが合わないなど『目』に関するお悩みを抱えている方はとても多いと思います。

近年では急速に仕事のデスクワーク化が進み、体を使って労働をすると言うよりもパソコンやスマートフォンを使って仕事をすることも方が多いです。

このような背景から『眼精疲労』や『頭痛』などの症状を抱える方が増えてきました。

そして多くの方は酷使するがその分『ケア』ができていないと思います・・・

そこでここでは眼精疲労、それらの改善法などをまとめて行きたいと思います!(^^)!

●目の構造

まず眼球の構造についてですが外見的にはマブタに守られ頭蓋骨の窪み(眼窩)にはまっているような感じです。

内部は硝子体と言う丸い、いわゆる『目玉』がありそこに筋肉や神経、血管が届いており先の方に水晶体、角膜が存在するような構造です。

眼球の構造

この中でも疲れ目などに関与が大きいと言われているのが『毛様体筋』です!

毛様体筋は毛様体小帯の上に存在し『ピントの調節』に関与しています。

毛様体筋が収縮すると水晶体が厚くなり『近くを見る』状態になります。

逆に弛緩すると水晶体は薄くなり『遠くを見る』状態になります。

現代人はあまり遠くのものを見ることが無く、パソコンやスマートフォンなど近くのものを見ることの方が圧倒的に多いです。

と言うことは水晶体が厚くなり毛様体筋も収縮する頻度が多いので張ってきたりピントがうまく合わなかったり重くなったような感覚がしたり様々な症状が生じます。

よく疲れたら遠くを見ると休まるというのはこの『毛様体筋』を弛緩させる目的があるのです!

●症状

眼精疲労は様々な症状を生じます。

視力の低下や重い感じ、ピントが合わない、まぶたがピクピクする、目が乾く、頭痛などたくさんあります。

これらの症状に共通して言えることは『使いすぎ』によって生じてくると言うことです。

また先ほど記載した『毛様体筋』は自律神経が支配しています。

ですので近くを注視したり一日中目を使ったりすると毛様体筋が疲労し支配している自律神経系にまで影響が生じてきてしまうことがあります。

自律神経症状では・・・

イライラする、全身的にダルイ、ボーッとしてやる気が起きないなどがあります。

●改善法

そんな眼精疲労ですが色々な改善法がありますよね。

中には自分自身で『こうすると楽になる』と言う独自の改善法を持っている方も少なくないと思います。

一般的には温める、遠くを見る、マッサージ、環境の改善などがありますが今回は『鍼灸を使った改善法』を紹介したいと思います!

鍼灸って眼精疲労にも効くの??

とお思いの方も多いと思いますが実際に鍼灸治療はかなり効果的なんです!

効果的と言ってもさすがに眼球に鍼を刺したりお灸をしたりすることはありません笑

鍼灸治療では『東洋医学的な思想』を元に治療を行います。

この独特な考え方で『目』と関係している体の臓器や血の巡り方、気の巡り方、陰陽のバランスなどを評価し体全体的にどこが病んでいるのかを明らかにし『ツボ』を使って治療を行っていきます。

なので鍼灸治療では目や頭が痛い場合でも足や腕に鍼を打ったりすることもしばしばあるのです!

また鍼灸治療には『自律神経』を調節する作用があり自律神経症状にも効果的です(*^^*)

例えば顔の周辺にあるツボや頸の付け根にあるツボを使ったりします🌼

目に直接刺激を与えるわけではありませんが間接的に刺激を加えることで血流の改善や眼圧の改善など様々な効果が得られます!(^^)!

●まとめ

眼精疲労はパソコン作業やスマートフォンの使用が急速に広がった現代では多くの方が悩まされている症状です。

構造や支配神経の関係で単に目が疲れるだけでなく自律神経症状を伴ったり頭痛、吐き気を生じたりしてしまうこともあります。

色々な改善法がありますが根本的に改善が可能な鍼灸治療は効果的です!

いつものことだからと諦めてしまわず一度専門の医療機関を受診し治療を受けてみることをおススメします!(^^)!

カテゴリー: 柔整治療, 鍼灸治療 タグ: ,

こんな症状にも鍼灸治療! 様々な症状に対する鍼灸、その2

前回の投稿で鍼灸治療はどんな時に受けたらよいのか参考になってもらいたくこんな症状の時にも鍼灸治療で治療ができますよ!と言う症状、疾患をいくつか紹介しました!

今回はその続きでまたいくつか症状、疾患を紹介していきたいと思います(*^_^*)

●疲れ目

お仕事などで眼を酷使しすぎた時や疲れが溜まってくると目が疲れてきますよね。。

そんな疲れ目にも鍼灸治療で症状を改善させることが可能です(*^^*)

ここでの鍼灸の適応となるのは重度のめまい、嘔吐を伴っていたり、視野に異常が生じていたり、眼圧がかなり上昇していたりするなどの何かの疾患に伴っていない場合になります。

眼を酷使すると目を動かす働きをしている『外眼筋群』が疲労してきます。そうすると目の奥が凝り固まっているような感じや頭痛、違和感などが生じてきます。

外眼筋の緊張を緩和させる目的で周囲に刺激を与えます。

また東洋医学的には『目』にまつわる臓器や経絡(ツボとツボをつないだもの)、経穴(ツボ)を用いて治療を行います。

東洋医学はこのように西洋医学と考え方やとらえ方が少し違っているので痛みが生じている部位や違和感が生じている部位だけでなく一見関係なさそうな部位にも刺激を与えて治療を行います。

疲れ目は外眼筋の緊張が緩和すると楽になる場合が多いので自宅でもホットアイマスクや蒸して暖かくしたおしぼりやタオルなどを乗せて温め、軽度に圧迫してあげると効果的です!(^^)!

●耳にまつわる症状

耳にまつわる症状と言うと・・・耳鳴り、伝音声、感音性難聴、などが多いです。

伝音声難聴とは主に外耳や中耳と言った耳の中の音が伝わる部位の障害による難聴です。

感音性難聴とは耳の中の蝸牛よりも奥の方の中枢機関の障害による難聴です。

このどちらも障害されている『混合性』と言うパターンもあります。

耳鳴りにも種類があり身近なものだと『振動性耳鳴』、『非振動性耳鳴』があります。

振動性耳鳴(他覚的耳鳴)とは体内の心臓拍動音、筋肉の攣縮、血管雑音など本人の体内に音源がありそれが原因で耳鳴りが生じるものです。本人以外の第3者にも聴取できますがこの症状はまれです。

非振動性耳鳴(自覚的耳鳴)とは第3者には聴取できず本人のみに聞こえるような耳鳴です。

一般的に中枢性の難聴や突発性難聴などは専門的な治療が必要となりますので適応外となることが多いです。

難聴を伴っていない『無難聴性耳鳴』などが適応となります。

一般的に生じるキーンやカーンと響くようなものです。

多くは睡眠不足、疲労、イライラなどにより増悪しやすいです。

治療としては自律神経系を調節し耳周囲の血流循環を改善させ、十分な睡眠時間を設けたりします。

東洋医学的には『耳』は『腎臓』と関わりが深く腎臓に関係した経絡や経穴を用いて治療を行ったり、耳に生じる症状は肝臓からの影響も強いとされていますので肝臓に関係するものも用いて治療を行います。

●うおのめ

よく足にできたりするイボのようなものです。

他の疾患に伴って生じている隆起物や腫瘍などである場合は治療は行えませんが頑固なうおのめやタコなどはお灸を使って治療を行います。

うおのめやタコの周りなどにお灸を施灸し硬化している組織ごとポロッと落ちしてしまうような感じです!

そんなにうまくいくのか?と思う方も多いと思いますがキレイに落ちてくれることが多いのです(*^_^*)

ですが自分でもできそうと思いご自分で行うのは危険を伴いますので控えましょう💦

自宅でも行えるお灸

●脱毛

特に自覚もないのに髪の毛が抜けてくるのが目立ったり本数が減ってきたり一本一本が細くなったり短くなったりすることを『脱毛症』と呼びます。

この場合も鍼灸治療は効果的と言われていますが蛇行するような不均等の脱毛が見られる場合や本人が直接、癖や習慣のようなもので髪の毛を抜いてしまう場合(トリコチロマニア)は適応外となります。

適応となるのは『円形脱毛症』などの場合となります。

円形脱毛症とはストレスやそれに伴う自律神経失調症などによって生じるとされています。

ある部位の毛髪が脱毛し小さな円形、楕円形の脱毛斑が生じるのが特徴です。

治療は脱毛が生じている部位の周りに軽度な刺激を与え毛根を刺激したり血流を促進させたりします。

鍼も深く刺すわけではなく散らすように軽い刺激を与えたり暖かさを感じる程度のお灸を施灸したりします。

その他にも反応のある経穴や硬結部位に治療を行います。

東洋医学的には髪の毛は『腎臓』と関わりが深いとさせています。また髪の毛は血の余りとされていて血とも関係があるとされています。

ですのでそれぞれに関係する経穴、経絡を用いて治療を行ったりします。

●まとめ

前回の投稿の続きで疾患、症状をいくつか紹介しました!

この他にも様々な日常生活内で気になったりするちょっとした症状などにも鍼灸治療が効果的な場合があります(*^_^*)

何か気になっている症状があったり長年悩まされている症状があったり病院で薬などを使い経過観察をしているが中々良くならない症状がある場合には選択肢として東洋医学の鍼灸治療を受けてみるのも良いと思います!(^^)!

さいたま市 南浦和 信州鍼灸整骨院

カテゴリー: 鍼灸治療 タグ: , , , ,
PAGE TOP