関節リウマチとは・・

今回は『関節リウマチ』についてお話していきたいと思います。

まずそもそもリウマチ、リウマチと言葉はよく聞くけどどんな病気なのか、どんな症状が出るのか?よくわからない方が多いと思います
関節リウマチの定義、病態としては『関節リウマチは多発関節炎を主症状とする原因不明の全身性炎症性疾患であり、滑膜の異常増殖にともない炎症性肉芽(パンヌス)が形成され軟骨、骨の破壊が進行するとともに関節周囲の支持組織の破壊を引き起こし関節の疼痛、可動域制限、不安定性、異常可動性などによって変形を生じ、最終的には種々の運動機能障害をもたらす』 とされています・・・なんだかよくわからないですよね・・
簡単に申しますと関節に炎症がおき徐々に変形していき痛み、機能障害がでてくる疾患です

○症状○

手関節、中手指節関節(MP関節)、近位指節間関節(PIP関節)の腫脹、疼痛、を訴える場合が多いといわれています。関節症状は左右対称性に起きることが多く『朝のこわばり』が特徴的と言われています!!手のほかに足関節、中足趾節関節(MP関節)に症状を訴えることも多く、次いで膝関節、肘関節などにも起こるとされています。症状が進行してしまうと・・・

手指の尺側偏位、スワンネック変形、ボタン穴変形、外反母趾、などの特徴的な変形が残存してしまいます・・・( ;∀;)

○診断○

関節リウマチは現在原因不明の疾患であり実は関節リウマチに対する特異的な検査法はないのです・・・😢

ではどうやって診断しているかと言うと、診断には特徴的と思われる症状や検査所見を集めて、それをもとに診断を下す方法が一般的に取られています。例えば・・・

  1. 1、朝のこわばりが15分以上、1週間以上続く。
  2. 2、3つ以上の関節の腫れがあり1週間以上続く。
  3. 3、手関節、手のMP関節(中手指節関節)、PIP関節(近位指節間関節)、足関節、いずれの関節の腫れが1週間以上続く。
  4. 4、対称性の腫れが1週間以上続く。
  5. 5、リウマトイド因子。
  6. 6、手、足のXPでの骨萎縮。
  7. 以上6項目中、4項目に当てはまる場合。      『早期リウマチの診断基準(厚労省)』

このような診断基準もあります。この他にもいろいろな診断法があるので関節リウマチを診断できない。。なんてことはないです😊

  1. ※注意!関節リウマチと似ている疾患※
  2. どの疾患にも鑑別診断は必要です!
  3. 関節リウマチと鑑別を要する疾患で最も重要なのは『手指のOA(変形性関節症)』です!!!
  4. OAとは??
  5. OAは慢性の関節炎を伴う関節の炎症で関節の退行性変性で骨、軟骨の破壊、増殖をきたす疾患です。
  6. なぜ重要かというと・・関節が変形してしまうという症状がとても似ているからなんです・・
  7. OAは一般的に手のDIP関節(遠位指節間関節)に起こる『へバーデン結節』と言うものが多いです。
  8.                           ※関節リウマチではDIP関節に病変が起きることは稀です・・・※
  9. OAとリウマチでは治療法も変わってくるのできおつけましょう!

○治療○

関節リウマチにはいまだに根治的治療法がなく、基本は生活指導が治療となってきます。

例えば日常生活において、翌日に疲れを残さないように心がける。疾患の症状が高い場合はその症状に合わせて行動する。などなどが基本となってきます。。。

その他にも薬物療法手術療法などがなされる場合があります。

○まとめ○

関節リウマチは徐々に症状が進行していき次第に関節の変形、機能障害、疼痛、などの様々な症状が出てくるやっかいな疾患です😢

もしも自分自身に心当たりがある場合は一度病院など専門医に診察を依頼しましょう!症状が進行してしまうと良くなるはずだったものも治らないことになってしまう可能性があります(*_*)

当院でも相談を受け付けておりますし病院に紹介することもできますので些細な事でもご相談お持ちしております😊

信州鍼灸整骨院

TEL:048-864-5400(FAX兼用)

 

 

 

 

カテゴリー: 信州ブログ

痛風になると・・

http://www.fumira.jp/cut/medical/file151.htm参照
●痛風になると、どこに症状がでてきやすいのか?症状がでてきやすい場所としては、足の指や足関節です。
 ですが、症状としてでてくるところは、ほとんどの関節で肘や手関節、足の甲やアキレス腱部など様々な
 所に症状が現れます。これは、血中の尿酸値が上昇することによって、高尿酸血症状態になり、これを体が
 排除しようとするときに白血球が現れ、これが活動している時に急性関節炎として痛風の症状が現れるのです。
 又、なぜ、関節に多く症状が現れてしまうのかというと、尿酸結晶は元々体にあり、これが偏った食生活や
 運動不足などによって、多く蓄積してしまい、溜まりやすい関節に沈着を多く起こしてしまい、症状が関節
 にでてしまうのです。慢性的な、痛風をもっている方になると、痛風結節と言って、痛みを伴わないが、
 耳や、手、足など血行に乏しい部分に腫れを伴った症状がでることがあります。
 
 https://medicalnote.jp/contents/161007-001-HE参照

●痛風が起こりやすい方は、
 ➀暴飲暴食(早食い・大食い)をする人。
 ➁肥満体系にあり、運動をしない方
 ➂スポーツや仕事を過剰にやりすぎている人(ストレスも絡むため)
 この3つが大きく関係すると考えられます。要は、生活習慣病にかからないため、ほどほどの運動と
 ちょっとした食生活を気を付ける意識があれば防げる症状だということなのです。痛風は、ひどくなると
 尿酸結石が生じ、腎障害が起こることがある。

●痛風における食生活で気を付けることは、皆様も知っている方が多いとは思いますが、プリン体の多いものを
 なるべく控えるということです。プリン体は、摂取すると、肝臓で分解され、尿酸となります。それが、
 腎臓に運ばれ、再吸収と排出に分かれます。尿酸は元々、体にあると前述で言いましたが、この再吸収と
 排出のバランスが崩れ、多く、血中に尿酸が運ばれる状態になると蓄積し、痛風が発生しやすい状態になる
 のです。血液検査での尿酸値の痛風における正常限界値は、7.0mg/dlです。これは、血液中の100dl中に尿酸が
 どのくらい含まれているかというものです。なお、医療機関により、若干異なるようです。
 ◦プリン体の多い食べ物
  果糖を多く含む食品(はちみつ、果物、ジュース、スムージー、缶コーヒー、チューハイなどのアルコール)、
  レバー、白子、えび、いわし、かつお、アジ・さんまの干物など。
 ◦プリン体の少ない食べ物
  玄米、パン、そば、乳製品、大豆類、キャベツ、トマト、ニンジン、海藻類、ほうれん草、カリフラワー、
  アーモンド、ラム肉、豚バラ・ロースなど。

・痛風は起こってからでは、症状がかなりきつい疾患になりますので、普段から、「ここのところ、栄養が偏って
 いるな」とか「昨日は食べ過ぎたな」とかそういったちょっとした意識でならずに済む場合がほとんどだと思い
 ます。食生活はしっかり強弱をつけて、QOL(生活の質)を維持していくことが大切です。

カテゴリー: 信州ブログ

当院の治療スタイルと日々の行い。

http://www.enegene.co.jp/blog/参照
●私たちの今の施術スタイルは、当院の総院長(五味 広)が開業当時から始めたやり方で、当時から、
 手技療法を主にやってきています。これはカイロプラクティックを取り入れたものとマッサージが
 融合したものと考えてもらってわかりやすいかと思います。今の時代では、マッサージや整体院があちこちに
 あり、我々業界となにが違うのかよくわからないという方もいれば、時も経ってきて、使い分けをしている
 患者様もいるかと思います。私たちは、柔道整復師という専門学校で3年勉強し、国家試験(学科、実践)に
 受かってとれる国家資格を有し施術しています。国家資格を有して、知識をもって、やっているかということが
 大きく違うのです。

●当院はこのスタイルを、痛みのある患者様と慢性疾患の患者様とに一人一人違う形で、手技療法として提供させて
 頂いています。治療で用いる場合、なにが一番大切か?それは危険なことを把握し、どこまで良くなるために
 攻めていけるかということなのです。患者様の症状を悪くさせてしまうことが当然、一番悪いことですので、
 それはNGなのですが、攻めすぎなくても治りが悪かったり、攻めすぎは悪化したりとそこの瀬戸際を見極め
 られるのがプロではないかと技術者ではないかと思うのです。私たちはいつもそれと戦い患者様に貢献できる
 ようにその一瞬一瞬、戦っています。
 

●また、地域密着で整骨院として、運営させて頂いていますので、商店会に所属し、当院の人員の関係もあり、
 参加できる催し、イベントは参加させて頂いております。商店会では、花見、お祭り(子供祭り)、餅つき、
 日帰り旅行、カラオケ大会など活発に活動しております。当院が所在する南浦和西口では、地元の皆様と
 若葉(和菓子・洋菓子屋)様やENEOS様と交流が深く、何事も助け合い西口の活動をさせて頂いております。

カテゴリー: 信州ブログ

肩の痛みについて・・

 https://aki-kaze.com/kansetu_care/kansetu1.html参照
●肩の痛みと聞いて一番にでてくるのは、30代以降の方々であれば、五十肩かなと思い浮かべる方が多いと
 思います。五十肩という名前が先行して、世の中に肩が痛くなったら五十肩というのが浸透しているため、
 そお思う方が多いと考えます。肩の疾患はいくつか種類があります。たしかに、肩の痛みで五十肩の方は
 多いですが、それを見極めていくことも大事だと思います。よほどな外傷的な痛みや偏って重いものを連続
 して持ったりしたりする場合は、関節や靭帯を痛めている場合があります。

●五十肩の場合は、肩甲骨と上腕骨のいわゆる肩関節部分に滑液というのがあり、そこの部分ににごり(循環不足)
 が生じて、部分的に又は滑液全体が炎症を起こして、痛みが発生してくるのです。又、これらがひどくなると
 石灰沈着性腱板炎となって、さらに痛みが増し、腕も動かせないぐらいの疾患にかかってしまいます。
 これは治療が正しく行われていなかったり、痛いけど日常はなんとなく過ごせてしまっている方がMRIやCT等
 をとることによって、発見される場合が多いです。
 もう1つは腱板炎という疾患があり、回旋筋腱板と言って、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋と言う別名
 肩のインナーマッスルと言われるこの4つの筋肉が連なって、束になったところを腱板部と言い、この部分
 が単に炎症を起こしたり、部分断裂、完全断裂する場合があるのです。腱板炎は、腱板部が骨と骨に挟まれた
 部分にあり、挙上を多くして作業を多くしたり、物をもって、肩に常に力を入れていたりするとそこに
 摩耗が生じて、炎症が起きて痛みが生じるのです。こうなると、腕も上げられないし、腕を挙げたままで
 保たすことも難しくなってくるのです。
 又、この場合はスポーツをやっていたり、仕事で肩を捻りながら力を使うことによってなってしまう疾患では
 ありますが、上腕二頭筋腱の炎症で肩が痛くなることもあります。これは肩の前側が痛くなり、それはなぜか
 と言うと、上腕骨頭部の下前側に「結節間溝部」という場所があり、そこを走行し、力こぶの筋肉につながって
 いくために、上腕二頭筋腱が炎症を起こすとそこにピンポイントに痛みがでてきてしまうのです。
 上腕二頭筋は、屈曲と回外というのが動きになっていますので、その動きをする初動作でかなりの痛みが
 でてきます。
         

 https://www.yakyu-kata.com/check04/参照
 https://ameblo.jp/cheironpart/entry-11327385897.html参照

●肩の痛みは、だましだまし使っていて、痛みが次第に強くなっていくことが患者様を診ていて、多いです。
 なので、無理をして、悪化させるパターンが多く、来院される方が多いです。スポーツや仕事で痛めた場合
 はなおさらではないかと思います。逆に動かさな過ぎて、痛みがでてしまうのが、五十肩です。それぞれの
 疾患の特徴を把握して、自分がどういったことを日常で、やらなすぎたり、やりすぎたりしているのかを
 考え、それはちょっとした違和感や痛みが出始めた頃に考えられるはずです。その時点で自分で対処したり、
 医療機関を受診してアドバイスを求めればひどくなることを防げる確率が高いはずです。なにかお困りで
 あれば気軽にご相談下さい♪

カテゴリー: 信州ブログ

交通事故に遭われた方へ

http://mobile-lifehack.hatenablog.com/entry/2016/09/22/234557参照
●当院では交通事故治療を長年治療してきていて、多くの患者様を治療してきています。年間でも約10~15人程は
 来院されていて、その度にたくさんのアドバイスと相談をさせて頂いております。交通事故治療と一口に言っても
 どういった場合に適用されるかわからない方も多いと思います。しかも交通事故は予期せぬトラブルですので、
 初めてなった方は、なおさらだと思います。治療をせず、なんとなく違和感があったり、痛みも多少あるが
 放っておいて、相手の保険会社様との示談をしてしまう方も少なくないと思います。病院や整骨院で自己負担金
 が無く、治療ができたら、する方の方が多いと思います。痛みの強い患者様はもちろんですが、軽傷の場合でも
 どの程度衝撃があったのか推測するのは難しいですが、その後の治療経過で判断することはできると思います。

●交通事故治療は、強制保険である「自賠責保険」から治療費がおりることが原則になっており、その枠を超える
 場合は任意保険(相手側)を使うということになってきます。これは、被害者様を救済する措置として、
 車を所有される方全員が車検時に支払っているはずの保険となります。こういったことが起きない限り、
 知りえない情報ではありますが、万が一の時の国からの保険だということです。皆様が支払っているのに
 この万が一(交通事故に遭われた時)に使わないというのは、損をしていると思いませんか?
 ましてや、被害者様の立場として交通事故の遭われたのであれば、権利として持つことは当たり前で使って、
 治療をすることも当たり前だと考えます。そして、若年者であればあるほど、こういったことは軽く考え
 がちですので、気軽に相談して頂いて活用して頂きたいと思います。
 
 http://blog.livedoor.jp/fumira/archives/52033441.html参照

●当院は、手技をメインにおいて施術させて頂いておりますので、交通事故治療も毎回来院されるたびに、
 手技でどういった状態なのかを確かめながら、患者様と相談しながら、治療をさせていただいております。
 また、なにもわからない状況でも「交通事故に遭ってしまって、治療したいのですが、どうすればよいで
 しょうか?」と言って頂ければあとは全部アドバイスできますので、気軽にお問合せ頂ければと思います。
 患者様は、さいたま市全域、川口市、蕨市、戸田市などからいらっしゃる方が多いです。
 お困りの際は当院にお問い合わせください♪

カテゴリー: 信州ブログ

肩こりについて

http://kosotatu.jp/parenting参照
➀当院では、触診と問診を中心に肩こりについて、施術を行っていきます。
 (どういった経緯で痛めた、又は気になるのかを詳しくお聞きしたり、触診することによって状態を確かめます)

➁基本的には、慢性疾患の対象になるため、肩こりの原因となることをさぐり、根本の悪い原因を指導したり、
 それに対しての施術を説明させて頂き、治療をしていきます。

➂肩こりの主な原因としては、皆様ご存知かとは思いますが、筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、脊柱起立筋など)
 の血行不良(血中へのビタミン、酸素不足等)が一番の原因となります。それではなぜ、血行不良が起きる
 のか?様々な原因が重なり、我慢したり、だましだまし、日常を過ごすことによって、悪化してしまう可能性が
 高くなってしまうのです。
 ◦姿勢が悪いことによる原因
  姿勢が悪いとなにが肩こりに影響してしまうのか?姿勢が悪いと体の重心が常に傾いた状態になってしまい
  ます。それはなにをさすかと言えば、脊柱にかかる力がかからなければならない場所にかからず、骨や
  関節による負荷軽減ができずに、支える力をどこに頼るかと言えば、筋肉にいってしまい、収縮が多く
  なされてしまい、それが又長時間に及ぶことにより(仕事や無理な体勢で動けない時など)血行不良が
  起きてしまうのです。
 ◦ケア不足による原因
  いわゆるOVERUSE(使い過ぎ)をしすぎてしまい、筋肉や骨に過度に負担をかけたこと、それが又1日、2日で
  なされた場合に、すぐ寝てしまったり、ストレッチをしないで、血行改善をしないことにより、蓄積が
  なされていってしまいます。これは若い人に多く、痛みや不快感が強くなってくるまで(症状が発言)我慢
  し、肩こりが発症されます。
 この2つはすごく当たり前なことなのですが、この2つを意識して肩こりを改善させようとされる方は、
 少ないので、多くいるのだと思います。
 ◦ストレートネックによる原因
  ストレートネックと整形外科で診断されるがそれによってなにが起こるのかと思われる方は少なくないと
  思います。ストレートネックは、姿勢が悪いことによってさらに悪化した状態と考えてもらっていいと
  思います。長年、猫背の姿勢を長くする(PC操作、リュックを背負うなど)ことによって、頸椎の
  生理的湾曲(前弯)が無くなってしまい、骨や関節で力を分散することができずに筋肉にかかる負担が
  大きく、血行不良が通常の人より、2倍、3倍となりやすいのです。

➃当院では、肩こりに対しては、手技をメインにしてきた技術でほとんどの場合を改善させることができます。
 体を温めることによって、血行改善を成すことも大切なのですが、元の血行の流れが悪い状態でそれを
 しても多少の効果しかでないのです。例えば、わかりやすい例で言うと温泉に入りながら、ジェットバスを
 する方がいますが、それは効果が高く感じられ、温泉からあがった後に軽くなったり、痛みが緩和されたり
 と改善がみられる場合が多いと思います。このことで言えば、刺激を与えつつ、温めていることで、血行
 改善がより成され、筋肉を緩むことから改善がみられることが多いと推測されます。
 同様にして、マッサージ(深層筋にもアプローチできる手技)してから、お風呂にはいったり、運動をする
 ことによって、改善がより早く、体が変わっていくかと思われます。
 肩こりは、簡単なかつ身近な疾患であり、軽くとらえがちな方が大勢いらっしゃると思われますが、いざ、
 自分がかかると不快感と痛みでとてもつらいかと思われます。まずはできることからでもいいので、
 ストレッチや姿勢の見直しをしつつ、つらい場合は気軽に当院にお問合せ頂ければ、手技を実感して
 頂けると思いますので、なにかお困りの際はお電話にてお問合せ下さい!
 

カテゴリー: 信州ブログ

腰痛について

http://マットレスおすすめ.com参照
●腰痛と言っても私たちが見る腰痛という言葉には色々な種類を考えます。それはなぜか?
 腰痛が根本となって、患者様からお聞きした症状が出てる場合や、筋肉が傷を負っている腰痛(いわゆる単に
 腰痛やぎっくり腰)、関節を痛めている腰痛など様々な種類があり、ざっくり分けるとこの3種類程度になる
 かと思います。軽いものであれば、自分で湿布を貼ったり、温めたりしてなんとなく過ごしているうちに、
 痛みは無くなっていくかと思われます。歩行が妨げられたり、座ったり、立ったりの日常生活の中で、
 初動作で痛みがきたり、違和感があって動きにくくなったりしてる場合は、悪化のサインです。
 そういった場合には、腰痛に気を付けなければ、必ず「ケガ」につながってしまうのです。
 「ケガ」とはなにか?それはぎっくり腰です。ぎっくり腰は、分かりやすく言えば、筋肉の部分損傷(軽い
 肉離れ)なのです。詳しくは、当院のホームページに載っています。

●私たちが見る腰痛は、まず前述で述べている通り、ケガをしているのか、ケガをしていないのかを必ず確認
 します。それは、炎症や可動域(動き)、歩行具合はどおなのか?初動作時の痛み具合など、大事な要点
 (ポイント)を聞いていき、施術をしていきます。性別的な腰痛の違いもあり、男性は筋肉が多く、仕事を
 している方が多く、その体を使って重いものを持ったりする頻度が多く、使いすぎたり、ケア不足であったり、
 瞬発的なことで腰痛を何回も繰り返したり、頻発する方が多いのかと思われます。女性は、元の筋肉が少ない
 方が多く、家事や育児、自転車の乗り降り等でちょっとした筋収縮で腰痛になってしまうのがほとんどかと
 思われます。腰痛の場合、痛みを取ることはそこまで難しくない場合が多いかと思われますが、どういったこと
 で腰痛になってしまうのかを指摘し、気を付けることを患者様にお示しすることが私たちの役目だと思います。
 
 https://www.life-rhythm.net/massage-for-the-pain-in-the-lower-back/参照

●腰痛は誰にでも起こり、当院でも幅広い年齢の方々が腰痛に悩まされ、来院されています。腰痛に関わる疾患も
 いくつかありますのでそういった疾患にも気を付けなければなりません。誰もが痛みがあると体に力が入って
 しまい、構えた体勢になる頻度が増えてそれが治りを悪くしたり、悪化させたりする場合が多いにあります。
 腰痛を治すにはちょっとしたコツと体勢が大事になってきます。当然、ストレッチや運動を正しく有酸素運動
 としてやることによって、腰痛対策になります。日常的に体を動かすことによって、日々、毎日変わる、骨、
 筋肉、関節の状態を悪い方向にもっていかないことで、腰痛になりにくい体を保てるはずです。
 ケガをしないことは日々のちょっとした意識が大切になると考えます。
 

カテゴリー: 信州ブログ