この時期にきおつけたい日常的なケガについて

季節も秋からもう冬に差し掛かり年末も近づいてきております。寒さもこれから一段と厳しくなってきますね( ;∀;)

そんなこの時期に日常的に発生しやすいケガについて今回は『ぎっくり腰』と『頸周りの悩み』の2つについて発生機序や概要、予防法などについて投稿していきたいと思います!(^^)!

ぎっくり腰

この疾患は知らない人はいないくらいだしなりたくもありませんよね・・・

実はこのぎっくり腰はこの時期に発生することが多かったりします。

寒さも本格的になり夜間などはだいぶ気温が低下しています。布団を被って寝ていれば体温は暖かく保持できますが睡眠中の人間の血液循環は『脳』を中心とした循環を行います。ですので身体の末梢の部分は冷えやすくなります。特に末梢部位ですが腰や足も冷えやすいです。血液量が少なく冷えているということは筋肉は硬くなってきてしまいます。

朝起きたらなんだか足腰が硬い感じ、ダル重い感じがする・・・と言う経験をしたことがある方は多いですよね。ですが起きて動かしているうちに血流も増加してきますので気にならなくなることも多いです。

そのような状態で大掃除や家事で腰にあまり良くない中腰の姿勢などから荷物を持ち上げたり、長時間同じ姿勢からいきなり身体を起こしたり、振り向いたりすると『ギク!』と言う具合で腰を痛めてしまいがちです・・・

寒さと大掃除や家事、仕事などがあわただしくなり疲労が溜まり疲れを隠しながら過ごしている状態が続くので発生が多いと思います( ;∀;)

予防としてはまずは身体を冷やすのは良くないので湯船につかったり朝、軽く体操を行い血液循環を良くしたりし身体を温めていることが大切だと思います。特に冷えが気になる方や朝の起床時に腰が痛かったりする方は腹巻の中にホッカイロなどを入れて温めるのも効果的です(#^^#)

また大掃除や家事などで重い物を持ち上げる際はしっかりと膝を使って腰のみで持ち上げようとしないことが大切です。

頸周りの悩み

頸部周りのお悩みも多くなります。

腰同様この時期の寒さが原因で血液循環が滞ってしまうことも多い理由の一つです。また寒さを感じると震えてしまい自然と肩に力が入り知らないうちに肩が上がってしまって筋肉を長い時間収縮させてしまい筋肉が疲労、張ってしまいます。そこから肩のダル重さ、頭痛、張り感などが生じてきてしまいます(*_*)

またお仕事などでデスクワークをされている方はやはり年末になるにつれ仕事量も増加する場合が多く同じ姿勢が長時間続き肩頸周りがとても疲労してしまうことも原因のひとつです・・・

お仕事となると毎日の繰り返しになるので中々予防が難しいかと思いますが身体を温めることはもちろん、同じ姿勢が長時間続いてしまうと筋肉にはいいことは無いのでなるべくこまめに体勢を変えたり、ストレッチを入れたりと少しリズムを作ることが効果的だと思います。

頸部や肩周りは重だるさや張り感が生じてくるとそのまま『頭痛』と言う嫌な症状が生じてくる場合もあります・・・

頭痛が生じてきてしまうと集中できずなにもやる気が起きないし身体が辛いなどと様々な悩みが出てきてしまいます。この主に筋肉の緊張などからくる頭痛(筋緊張性頭痛)を予防するにはやはり定期的に筋肉を弛緩させてあげることが大切だと思います。日常生活の流れやリズムを変えることはそう簡単にできないので週に一回など自分で都合のいい日を決めマッサージやもみほぐしなどで筋肉を弛緩させるようにし同じ一週間でもリズムのある生活にしていくのが効果的だと思います(#^^#)

主にこの2つの症状でお悩みになっている方や実際に来院される方が多いので今回はこの2つをピックアップしましたがこの他にも時期的に発生しやすいケガなどはたくさんあります。そしてケガをして痛みが生じてきていたり日常生活に支障が出てきたりしていたら『忙しいから・・・』と後回しにせずに早めに対応している医療機関を受診して適切な治療を受けることをおススメします!

カテゴリー: 柔整治療

けん引療法について

整形外科や整骨院などで主に『ヘルニア』などの疾患に対して行われることが多いです。

腰や頸をけん引した経験のある方は多いと思います。

けん引と言っても大きく分けて『直達けん引』と『介達けん引』とがあります。

介達けん引とはけん引と言われて想像するような治療法のことです。医療機器を用いて腰や頸をけん引するものです。

直達けん引とは手術などで直接骨に銅線などを通しそれを外部からけん引する方法で介達けん引よりも大きな力でけん引することができます。主にこちらは大きな部位の骨折など徒手整復が不可能な場合に行われることが多いです。

今回は『介達けん引』について投稿していきたいと思います!(^^)!

どんな方法で行うのか?

ほとんどは専用の医療機器を用いて行います。用途や部位によって異なりますが機械自体でけん引力をかけてけん引する方法と自分自身の体重でけん引したい部位にけん引力をかける方法とがあります。

すべて機械制御で自動に行えるものから台やベルトを使い、けん引するものと種類は多いです。

また疾患により用途やけん引時間も変わってきて例えば腰痛などで痛みが生じている場合にはあまり強い力でけん引してしまうと逆に痛みを増してしまう恐れがあるために即時にけん引は行いませんがその痛みのために患部を動かさなくなり可動域が減少してきてしまい関節なども固くなってきてしまいます。そうならないために痛みが他の治療により減少してきてからけん引療法を取り入れます。

ヘルニアなどの疾患の時にはけん引療法を積極的に取り入れます。もともとヘルニアとは『脱出』、『突出』すると言う意味で普段は脊髄内に収まっている髄核と言うものが様々な原因で脊髄から『脱出』、『突出』しその部位が神経などを圧迫しその神経の支配領域に沿ったしびれや感覚異常、それに伴った筋力低下などが生じてきます。その治療にけん引療法を用います。何秒おきにけん引と弛緩を繰り返すよりも何十分と持続的にけん引力をかけている方が効果的です。

どのくらいの強さがいいのか?

強ければ強いほど効果が期待できるわけでもなく適切な力で行わなければなりません。

だいたいので体重の約三分の一程度の力でけん引を行います。

あまり強くけん引してしまうと筋肉や関節にストレスがかかってしまい痛みが生じてきてしまう可能性が高いです(*_*)

頸ってひっぱてもいいの?

この疑問は良く耳にします。基本的にはこちらも適切な力でけん引すれば問題はありません。確かに頸部には中枢神経系の脳に関係する血管や生命を維持するのに必要な神経系もたくさん集まっており強い外力などが作用することはいいことではありません。

特に突発的なけん引力や捻転力の加わるけん引力などは頸椎が衝撃に耐えれない場合があるので危険です。基本的に骨は捻転力に強くないのであまりねじりすぎるのは良くないでしょう。安全な機械で安全な方向に適切なけん引力を加えるのが一般的です。ですが

ですが頸部には重要な血管や神経がたくさん集まっているので治療に対する効果も大きいです!(^^)!

腕や指先にしびれなどが生じてきている時には腰のヘルニアと同様にけん引療法を積極的に行います。頸部にも『頸椎ヘルニア』と言っててヘルニアは発生するので治療法はけん引力法が主体となってきます。

頸椎の捻挫、例えば寝違えなどにも有効ですのでとても効果的な治療法です(#^^#)

また扱っているのは医師や医療従事者ですので危険因子や禁忌なども熟知していますので治療も安心して受けられると思います(*^_^*)

簡単ですがけん引療法についてまとめてみました。

けん引単体で治療することもありますが様々な治療法と組み合わせて治療を行うこともあります。

腰痛や足のしびれ、頸部の捻挫や腕指先のしびれなどでお困りの際にはけん引療法を行ってみるのも効果的と思います!(^^)!

カテゴリー: 柔整治療

超音波治療について

超音波治療とは文字通り人間には聞こえない超音波を体内に送り体内の組織などで反射して戻ってきた信号を強さや時間などで分別させて画像化して受傷部位の診断に用いるものや、超音波が発生させる振動を利用して干渉波治療器などでは届かない体内の深部の組織に刺激を与え治癒能力を促進させるような治療のことです。

体内の状態を画像化し健側(ケガをしていない側)と患側(ケガをしている側)を比較しながら診断ができますし動かしながら情報を見られるのでどの部位がケガをしているのか細かく診断することができます!また他の似たような画像診断装置に『レントゲン』がありますがレントゲンと違い『被爆しない』と言う大きなメリットもあります!(^^)!

どんな時に用いるかと言うと主に『軟部組織損傷』の場合に用いることが多いです。

筋肉や腱、靭帯をケガした場合に多く使われます。肉離れや靭帯断裂、捻挫、打撲、などが多いですね。

こうした診断以外にも組織の治癒促進を目的として行うことも多いです。超音波治療器は超音波と言う空気を揺らす振動を体内に送りその振動で深部の細胞などを刺激、活性化させ代謝亢進や血行促進などといった効果をもたらせます。

ですので『肩凝り』などにも活用することもできます(*’▽’)

肩凝りや腰痛と言った慢性的な痛みは血流が停滞していたりその部位の状態があまりフレッシュではない場合が多いのでそういった部位に細胞を振動で活性化させ血行促進を促す超音波治療を行うとそれだけでも改善が見られることがあります!(^^)!

その他にも『五十肩』、『アキレス腱断裂』、『野球肘』、『テニス肘』などなど適応する疾患は多いです!身体の様々な部位に使用することができるのも利点の一つですね(*^^)v

『温熱療法』の一種になるので治療を行っている際に暖かく感じることもしばしばあります。暖かくなっているということは深部の細胞を振動させ活性化しその結果熱を産生しているということになります(*^^)v

振動を体内に送っているので、もしもケガをしている場合はそのケガをしている部位は疼痛の閾値などが上昇していて痛みに対して敏感になっていますのでケガをしていない部位と比べると感じ方が違います。ズキズキ痛む感覚もあれば少しピリッとする感覚などありこのようなことを利用してケガをしている部位でもより限局してケガをしている部位を特定することもできます!(^^)!

急性期以降の保存療法として治療を行う際にも振動を深部に限局して送りますのでジェルをつけてそのジェルを伸ばすような感じで振動を分散して治療を行います。ジェルを伸ばさないで同じ部位に振動を与え続けると痛くなってしまうのでそのようなところは注意が必要です。

以上、簡単ですが大まかに超音波治療についてまとめてみました!

もし超音波治療について疑問を持った際にこの記事がご参考になれば幸いです!(^^)!

カテゴリー: 柔整治療