『痺れ』に対する治療法

身体のどこかしらに痺れを訴えている方はとても多いです。特に手の指先、手全体、足の先などに多いです。

ピリピリとした痛みのようなものを伴う痺れから、ジーンっとするような常に感覚がおかしい感じがする痺れなど症状的には様々です。ですが共通して言えるのは日常生活に少なからず支障をきたしてしまうことです(‘_’)

日常生活が不便になってくるとそれが原因でストレスが溜まったり気分が落ち込んでしまったりと別の問題にも発展してしまう可能性もあります・・・

そうならないためにも適切な治療や予防、ケアが大切になってくると思います。

ではなぜ『痺れ』と言う症状が起きるのでしょうか?

原因としては様々ありますが『神経』が関係しています。神経は身体全身に張り巡らされている身体を動かす電気信号の通り道のようなものです。その通り道の途中で様々な原因により神経が絞扼、圧迫されるとその先の支配領域に痺れや感覚異常などの症状が現れてきます。

痺れが現れる疾患は?

脳、脊髄からなる『中枢神経』、その他の神経からなる『末梢神経』とに分かれますがこのようなものが直接障害を受けたり間接的に障害を受けたりすることで痺れが生じてきます。

脳、脊髄は他の神経が枝分かれをしていく大本の幹のような存在です。

その部位が障害されてしまうと広範囲にわたって症状がでます。さらに中枢神経は指令そのものを出す部位なので障害部位、程度によっては手や足が動かせない状態になってしまいます。

交通事故などの大きな外力が加わると脳挫傷や脊髄損傷と言った形で中枢神経にダメージを与えてしまいます・・・

その他にも脳血管障害や脳腫瘍などの疾患でも症状が出現してきます。

このような中枢神経系の障害で痺れが生じるケースよりも一般的に整骨院、鍼灸院で治療の対象となるものは『末梢神経系』が障害され痺れが生じているケースです。

末梢神経とは脳と脊髄以外の神経のことを言います。脳、脊髄から伸びている神経のことです。この末梢神経は一つ一つ作用する場所に伸びていくので短い神経から長い神経様々あります。その作用する部位に伸びていく経路で生理的に狭窄している部位や筋肉や骨で圧迫を受けている部位などがあるとその先に痺れが生じてきます。

代表的な疾患は・・・頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、円回内筋症候群、手根管症候群、梨状筋症候群、などなどあります。

痺れと言ったら圧倒的に末梢神経系が原因のものが多いです!!

主な治療法

中枢神経系の場合は緊急的な治療が必要になったりオペなどの治療が行われます。その後にリハビリテーションを行います。

末梢神経系の場合はほとんどの場合保存療法で治療が行えます。

筋肉の張りが原因で神経が絞扼されているのであればその張りを手技療法や物理療法を行い弛緩させストレスを取り除きます。頸椎、腰椎のヘルニアであれば牽引療法なども効果的です。

コンスタントに治療を行うことで改善が見込めます!(^^)!

当院では約30年に渡って様々な疾患に対する治療を行い『痺れ』などの悩ましい症状を改善してきた実績があります(*^^)vどこに行ってもあまりよくならない、病院で診察してもらっているが薬を服用するだけであまり改善しないと言う方はぜひ一度当院にご相談ください(*^^)v

カテゴリー: 柔整治療