『さいたま市』膝周囲の痛みについて

膝がズキズキ痛む、階段を上り下りするのが辛い、なんだか安定しない、水が溜まっている感じがする・・・

などの膝周りの悩みって多いですよね・・

なぜ膝周りはこのような痛みが出てきてしまうのでしょうか?

 

まず膝関節は太ももの骨である大腿骨とふくらはぎの骨である脛骨、そして膝蓋骨(膝のお皿)の骨で構成されています。そしてこの関節を両サイドから内側側副靭帯、外側側副靭帯、中の方で前後に張っている前十字靭帯、後十字靭帯と言う靭帯がありこのすべてを関節包と言う滑液で満たされた袋に包まれたような構造をしています。

足の運動の軸や要となりますので受ける外力やストレスはとても多いです!

一般的に階段を下りるときに膝にかかっていると言われている外力は300キロほどとされています!

こんな体重の倍以上の外力がかかっておりそれを受け止めています。正常ならば痛みは生じませんがなにか異常が生じた場合にはこれほどの外力がかかっているためズキズキやピキッとする痛みが生じてきてしまいます。

また長時間立位の状態で膝が伸びた状態でいても毛細血管、組織などの伸長や圧迫により血流が滞り痛みやだるさが生じてきてしまいます。

また膝の上の筋肉である大腿四頭筋と言う筋肉の萎縮や筋力低下が起こると膝蓋骨の固定力が低下し曲げ伸ばしした時に不安定な感じや力が入らない感覚などが生じてきます。

もちろん突発的なケガなどでも膝は大きく損傷されてしまいます。一番多いと言われているのが靭帯断裂です。運動量の多い青年期に多いです。バスケットボールで着地した際やターンした際などに多いです。靭帯などを損傷してしまうと予後はあまりよくなく長期の固定、リハビリなどが必要となってきます。

ではこのケガ以外の痛みに対してはどのような治療法や対処法があるのでしょうか。

筋肉が疲労し張りを帯びている状態ではやはり筋肉を弛緩させストレスを除去、血管圧迫の開放などを行います。その後に張りを帯びている筋肉をストレッチします。このようなことで筋肉を十分に弛緩させ血流の流れをととのえてあげます。

大腿四頭筋の筋力低下がみられる場合には日常生活内で支障のでない程度に筋力強化を行い膝関節を強化、固定させます。筋力は落ちてくるのは早いですがつけるにはそれなりの時間と努力が必要ですので毎日の散歩やジョギングなど定期的な運動習慣があるととてもいいです!(^^)!

 

この他にも膝の疾患や治療法はまだまだりますが今回はこのような症状について書かせていただきました。

何年も同じような痛みやだるさがありもうしかたがないと割り切って諦めてしまっている方も多いと思いますが一度しっかりと専門の医療機関などで治療を行ってみてはいかがでしょうか?

少なからず身体には変化が現れそれが改善、治癒の先駆けになるかもしれません。

当院でもなにかわからないこと、気になることがある方にはご相談をお聞きしその方が求めている効果の発揮や治療を行っております。

気になること、お悩みなどがある際にはぜひ一度ご来院下さい!

スタッフ全員全力で対応させていただきます。

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

 

カテゴリー: 柔整治療

前腕周りの疾患について

毎日お仕事や家事で腕や手、指を使用する方はとても多いと思います。

ですが毎日繰り返しで使用しているとそれなりに痛みや痺れと言ったトラブルも生まれてきてしまいます(*_*)

前腕周りの疾患を少しご紹介します!

○手根管症候群

この疾患はとても有名でご存知の方も多いと思います。手関節の部分(手首)に手の骨とその上に張っている筋や腱膜で構成されたトンネルのような物があります。ここを解剖学的に手根管と言い、中には神経や筋肉の腱が走行しています。

この手根管が日々の家事動作、物をつまむようなことが多い、手をよく使う、などの動作の多様が原因となり筋や組織がトンネルを狭めてきてしまいます。狭まってきたトンネルの中には先ほどもうしたように神経や筋肉の腱が走行しています。その神経、腱は狭まっていくことで徐々に圧迫を受けてきてしまいます。

ここで一番の主症状として現れるのが『手や指先の痺れ』です!

神経が圧迫を受けてしまうのでその先にはピリピリするものから、ジワーっとするような痺れが生じてきてしまいます・・・

治療法としては原因となっている動作の制限やトンネルを狭めている筋や組織を弛緩させ圧迫を取り除くことが大切となります。

 

○円回内筋症候群

この疾患は肘の関節の少し下側で『円回内筋』と言う筋肉の肥厚や硬化によりその下を走行している『正中神経』が圧迫され痺れや痛みと言った症状が生じてきます。

主に肘の曲げ伸ばし、回す動作の頻繁の使用で発生しやすいとされています。前腕の使い過ぎと言ったイメージですね。

症状は痺れから痛みとありますが筋力低下も見られそのため物をつまむような動作が困難になったりやりにくくなったりします。

この疾患も治療法としては原因となっている動作の制限と筋肉を弛緩させ圧迫を取り除くようなものになります。

 

○尺骨神経管症候群(ギヨン管症候群)

この疾患は手のひら側の手首の小指側に手の骨と靭帯などで作られるギヨン管と言うトンネルがありそのトンネルの中を尺骨神経と言う神経が通過しておりその神経がトンネル内で圧迫されて痺れや痛みが生じる疾患です。

原因としてはギヨン管付近に発生したガングリオンにより圧迫される、打撲、ハンドルを握るなどでの長時間の圧迫などがあげられます。

症状としては絞扼を受け障害されている尺骨神経領域の第4指、第5指に痺れや痛みが生じてきます。進行すると鈎爪指変形と言う変形を呈することもあります。指の運動が障害されるために人間特有の高次機能動作が障害されてしまいます。感覚異常は基本的に手の甲側にはなく手のひら側に生じてきます。

 

このように主に前腕周りの疾患は筋肉などの圧迫や絞扼により痺れ、痛みが生じてくるものが多いです。そしてその原因の多くは使い過ぎや日常生活動作の繰り返しなどが多く慢性的な痛みや悩みになることが多いです。

もう長い間続いていて治らないからあきらめている方も多いと思います。。。

ですがしっかりと治療を行いケアをすることによりその症状や悩みを軽減させること、治すことは可能です!

自分自身で解決せずに専門的な知識を持った医療機関を受診し、しっかりとした治療を受けることをおススメします!

当院でも長年悩んでおられた方や様々なお悩みを持った方が多く来院しその症状、お悩みを解決、解消してきました!

スタッフ全員で患者様の症状に対して全力で治療をさせていただいております!

なにか気になること、聞きたいことなど疑問がある場合にはお電話でも構いませんので是非一度ご相談ください!経験豊富なスタッフが対応させていただきます!!

患者様のお悩みを解決するお手伝いをさせていただきます(*^_^*)

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

 

 

カテゴリー: 柔整治療