『さいたま市』頭痛でお悩みの方!

『頭がガンガンする・・フラフラとめまいがする・・締め付けられるように痛い・・』

と頭痛でお悩みの方は今日ではとても多いと思います。

今回はそんな厄介な頭痛について投稿します!

まず頭痛には様々な原因や種類があります。

 

●筋肉などの張り、凝りからくる頭痛。

●気候や気圧によって発生する偏頭痛、頭痛。

●脳内の血管が拡張しそれにより発生する頭痛。

●脳疾患などで発生する頭痛。                    などがあります。

1つずつ見ていきましょう。

●筋肉などの張り、凝りで発生する頭痛。

このケースはとて多いとされていて肩周りの重だるさ、凝りと共に頭痛を感じている方が多いです(*_*)デスクワークや書類仕事など長時間肩や頸、腕が同じ姿勢で固定されてしまうとその周りの筋肉は血行が滞り張りを帯びてきます。このことで肩周りの重だるさや痛みが生じてきます。さらに脳に血液を送っている血管は左右の頸の横に存在しその周りの筋肉が張ってくると少なからず血管が圧迫され脳への血液供給量が減少します。流れも悪くなるので頭痛が発生してしまうことも多いです。筋肉などが原因なので『筋性頭痛』と呼ばれてもいます。

●気候や気圧による頭痛

台風の接近前や雨や湿度の高い時などに頭痛、偏頭痛がする場合もあります。原因としては気圧の変動により脳内の圧が変化し血管などが圧迫を受けてしまうことや主なものは『自律神経の乱れ』が多いです。気圧の変化と言うものは身体にとってはストレスです。ストレスを受けると交感神経の作用が活発になります。交感神経の作用には血管の収縮などがあるので原因となることが多いです。

●脳内の血管が拡張し頭痛が生じる場合

血管の収縮で血流が滞り頭痛が発生するケースが多いですが血管が拡張してその付近の神経を刺激し頭痛が発生するケースもあります。どんな時に血管が拡張するのかと言うと血液が増えた時などです。血液のもとは身体に取り込んだ水分です。ですので水分摂取量が多いと血液は増加します。どんな場合かと言うと『お酒の飲みすぎ』がこれにあたります。二日酔いなどの時に生じる頭痛はこのパターンが多いですね・・・(‘_’)

●脳疾患などで頭痛が生じる場合

この場合は頭痛がなにかの病気だとサインを送っていると認識した方がいいでしょう。例えば今まで頭痛なんて全く感じたことなかったのに最近いきなり頭痛がして来た場合や頭をぶつけてそれから何日も頭痛が続いている場合には脳内でなにかトラブルが生じている可能性があります。少しでもおかしいなと思ったら専門外来を受診するようにしましょう。

この他にも原因はありますがこのようなことが原因で頭痛が生じてきます。

我々柔道整復師が整骨院で治療を行うものはほとんどが筋肉などが原因で頭痛が生じてきている場合です。

ですが脳疾患などで頭痛が生じてきている場合などの専門の医師の診察が必要な場合もしっかりと鑑別をして医療機関を紹介することもできます。

当院では柔道整復師が行う手技療法をメインに筋肉を弛緩させストレスを取り除きます。その他にも鍼灸師が東洋医学の観点から観察し行う鍼灸治療もございます。

東洋医学、西洋医学の2つの観点から患者様にあったベストな治療を行っております!もしもなにか気になること、鍼灸治療に関してのことなど不明なことがある場合にはお電話にてご相談ください!

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

 

 

カテゴリー: 柔整治療

『さいたま市』で腰痛でお困りの方!

『腰痛』

現在では幅広い年代のほとんどの方がなにかしらのお悩みを持っていると思います。

一体なぜ腰痛が起こってしまうのでしょうか?

最も多いのはやはり筋肉や関節などが原因で痛みが生じてきてしまうものです。

その他に骨折、脱臼などの外傷で痛みが生じるもの。腰部付近の内臓の疾患で関連痛が生じてる場合など原因は様々です。

ではその最も多い筋肉や関節が原因で痛みが生じる場合とはどんな場合なのでしょうか?

まず基本的に腰には『腰椎』と言う骨が5つ存在していてその骨に様々な筋肉が付着しています。だいたい骨盤の一番上の部分(ベルトなどが引っかかるところ)を左右線で結んだあたりが第4、第5腰椎の部分です。このあたりが腰椎では可動域が最も多く動きます。また身体の体重もこのあたりで支えているので負担がかかりやすく痛みが生じることが多い部位とも言えます。

日常的には重い物を持ったとき、長時間座っていて立ち上がった際、などに痛みが生じることが多いです。やはり筋肉が長時間の収縮や突発的な収縮で疲労すると血行も悪くなり痛みを発生させている物質が滞ってしまいます。この痛みの負の連鎖は『痛みが生じる→交感神経が反応し血管が収縮する→血流が滞る→痛み発生物質が停滞してしまう』・・・とこのような形で連鎖してしまいます。ですのでこの流れのどこかをストップさせて連鎖を止めるような治療もあります。

ぎっくり腰などの急性の腰痛は重い物を膝を曲げずに持ち上げた際、体を捻った際、起き上がった際、などに発生することが多いです。腰の周りの筋肉が正常な可動域を超えて収縮した場合に激痛とともに発生します。このケースはピキッと腰に痛みが走るだけでなんともない場合や激痛でその場から動くことができない場合までとても様々なケースがあります。こうなってしまうととても辛く、お仕事に行けない、痛くて寝れない、などいろんな悩みが出てきてしまいます(‘_’)

関節などが原因で痛みが生じる場合で多いのが『腰部のヘルニア』です。ヘルニアは脊柱の椎間板の間に存在する『髄核』と言うものがでてきてしまいその出てきた部分が脊柱の隣を走行している神経を圧迫してその神経の支配領域に痛み、痺れ、だるさ、などの症状が生じてきます。このヘルニアは以外にも無症状ではありますがヘルニアの状態になっている人は多いとの報告もあります。出てきていても神経を圧迫しない場合は痛みも痺れも出ない場合が多いです。

 

○治療法

筋肉の過緊張や疲労が原因であればその原因の筋肉を弛緩させストレスを取り除きます。筋肉を弛緩させるために手技を行うと筋肉は弛緩するとともに熱を帯びてきます。この効果で血流がよくなり今までその場に停滞していた痛み発生物質を流すことができます!(^^)!ですが一回の治療では完全に完治することは難しく間を開けずに治療を行うことが大切になってきます。

ぎっくり腰などベッドにうつぶせになれない場合もあります。その場合は痛みが出ない体勢をとってもらい揉むと言うよりは関節を少しずつ動かし可動域を広げていきます。

ヘルニアなどの関節が関係しているものはやはり神経の圧迫を取り除かなくてはいけないので手技で筋肉を弛緩させその後に腰部の牽引を行います。こちらもなるべく間を開けずに治療をすることが大切です。

 

腰の痛みといっても様々な症状がありその症状からなにが原因なのかまたなんと言う疾患なのかを明確にしそれに合った治療法を考え施術します。

当院では約30年南浦和で整骨の治療を行ってきました!最近ではその治療にプラスして『鍼灸治療』も行っておりますので西洋医学、東洋医学の2つの観点から治療が可能です。なにか気になることがある、どんな治療をするのか、などお困りの際にはお電話にてご相談ください!

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

 

カテゴリー: 柔整治療

肩周りの悩みについて

肩が上がらない、ダルイ、痺れる、痛い、など肩周りの違和感、問題を抱えている方は多いと思います(*_*)

昔はなんともなかった、なにか痛くなっても寝て翌朝になればスッキリ治っていたのに最近では寝ても疲れがとれない、疲労が蓄積されている感じがする。など痛みが徐々に蓄積されていく方が多いです(*_*)

なぜ肩は痛くなるのか、少し見ていきましょう!

○肩の解剖

まずは肩の構造からみていきます。肩は腕の上腕骨と言う骨と肩甲骨とで『肩関節』を構成します。この関節の特徴としては身体の中で一番可動域が高く自由度の高い面があげられます。ですが上腕骨が収まるところの肩甲骨の部位が少し小さくなっていて不安定でありそれを周りの筋肉達に補助してもらって関節を構成しています。ですのでスポーツで肩を強打、腕をついて転倒などの外力が加わると脱臼しやすい関節とも言えます。

○肩凝り

肩が張っている、凝っている時にはなんの筋肉に負担がかかっているのでしょうか?

実はこの筋肉がピンポイントで疲労している。と言うわけではなく色々な筋肉が全体的に疲労しているイメージです。代表的な筋肉は頭、肩、首から始まり脊椎に付着してる『僧帽筋』や背中に広く広がっている『広背筋』など様々です。特に僧帽筋は起立している状態では常時腕の重さを支えながら頭部の重さも支えているために重力がかからない姿勢(寝ている時など)以外は収縮しています。このような重力に逆らって身体を支えている筋肉を『抗重力筋』と言います。僧帽筋、腹直筋、脊柱起立筋、腓腹筋などがあたります。

○肩が痛くて上がらない

肩を横にあげようとすると痛みが生じる、突っ張った感覚があるなどのお悩みも良く耳にします。

痛くて上がらないとなると五十肩、四十肩などが思い浮かびますよね。そもそも五十肩、四十肩とはどんな病態なのでしょうか?まず四十肩、五十肩は正式には『肩関節周囲炎』と言う名前がついております。年齢を重ねると肩の周りの筋肉や組織は委縮していきます。委縮してしまうと当然出せる力も減少してしまいます。それに伴って関節内に潤滑剤として機能している『滑液』と言う物質も分泌が低下してきます。ですので肩を上げようとした際に筋肉がこすれたり力が入らなかったりと痛みが生じてきてしまいます。この筋肉や組織が萎縮を始める年齢がだいたい40代頃とされているのでいわゆる四十肩と呼ばれることが多いです。そしてやはり痛みがある動作を故意にやるような方はいないように痛みがあるために肩をあまり使わなくなってきます。あまり使わなくなってくると筋肉は委縮が進行し滑液は固まってきてしまい肩自体が動かなくなってきます。その結果少し動かしただけでも痛みが生じてきます。痛みが出てきて使わなくなりだんだん10年前後時間がたつと動きに障害が出てきますので四十肩から移行し50代頃に症状が出てくるので五十肩と言われます。

○治療法

筋肉の疲労であれば張りが生じているので手技療法で筋肉を弛緩させ温めるような治療が基本的に行われます。

手技に関しては当院では30年間培ってきた患者様に合わせた治療ができます!!

当院では患者様に合わせた治療を西洋医学、東洋医学の2つの観点から観察し時間をかけて治療を行います。悪いところだけ治すのではなく悪いところを治しさらにまた痛くならないようにケアをすることが大切です。

 

簡単ですが少しまとめさせていただきました。今回記載したこと以外にもいろいろな症状、病態があります。その症状、病態によって何が原因なのか、どう治療をするのかを決めていきますので自己解釈で仕方がないとあきらめるよりも一度治療を受けてみることをおススメします!!

当院ではご相談からでも可能ですのでなにかきになることがある際にはお電話ください(#^^#)

 

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

カテゴリー: 柔整治療

当院のダイエット療法について

最近では健康に対する考えが家庭にも広く伝わっておりそれに伴う運動ブーム、健康ブームが広がっております。

そしてダイエットにも関心が集まっております!!

 

当院では長年『南浦和』で整骨、整体の治療を地域に密着しおこなってきました。近年ではその治療にプラスしてダイエット、美容の施術にも力を入れております!

そこで今回は当院のダイエット、美容部門についてご紹介していきたいと思います(*’▽’)

 

当院では主に『ハイパーナイフ』、『ステレオダイネーター』、『ゲルマニウム温浴』、

と言う機械を使用しダイエット、美容の施術を行っております。

○ハイパーナイフ

この機械は高周波の電気、約42度の温熱を身体に当てながら脂肪組織、セルライトを分解して汗や尿として体外に排出しやすくするための機械になります。寝たままで施術を受けられるので気楽に行えるものになります。脂肪やセルライトを分解して排出しやすい状態になりますのでその後に汗をかいたり代謝を亢進させる運動などを行うととても効果的です(#^^#)さいたま市内ではこの機械を置いている施術所はあまりないので当院はおススメです(*^_^*)

○ステレオダイネーター

こちらの機械は身体にパッドを装着し中周波の電気刺激を筋肉にあて他動的に筋肉運動を起こしてくれる機械になります。今はやりのEMSなどの簡単に筋肉をつけられる。と言う機械はこの機械が元となっております。筋肉の収縮作用により腹筋効果や腹部の引き締めの効果もあります!こちらもなにもしなくても電気刺激で施術を行うので気軽に受けることができます(#^^#)

○ゲルマニウム温浴

こちらの機械は約40度のお湯に腕、足を入れ25分ほど温浴を行いそれによる発汗や血行促進、体脂肪を燃焼し効率のいいカロリー消費が行えます(*’▽’)他の機械と併用して行っても効果的ですね!ゲルマニウムには体内のインターフェロン分泌を促進させる効果もあり自然治癒能力をたかめ『抗がん作用』があることも最近では注目されています。さらに新陳代謝の亢進、血行促進、むくみ予防、冷え性、凝り、など様々なものに効果があります(*’▽’)

○美容鍼灸

当院では美容鍼灸も行っております!最近ではメディアに取り上げられることも多くどのようなものなのかご存知の方も多いと思います。顔面部などに鍼を刺し皮膚を引き締め、血流環境を良くすることで張りのある肌、血行のいい肌になります(*’▽’)

 

当院ではこのような機械、鍼灸を使いダイエット、美容部門の施術を行っております。

この記事だけではわからないことなどがある際にはお電話にてご相談からも可能です( *´艸`)

この際にダイエットに挑戦してみたい。美容鍼灸を受けてみたい。と思っている方はぜひ当院にご来院ください!!

信州鍼灸整骨院℡048-864-5400(相談可能)

 

カテゴリー: 柔整治療

お灸の効果について

みなさんは『お灸』を受けたことはありますか?

 

現在では家庭で自分で気軽にできるタイプも販売されており身近なものになってきていますね(*’▽’)

そんなお灸ですが日本では古くから医療の中心的なものとして行われてきました。

現在では明治以降の西洋医学の発展により昔よりは施灸されていませんがお灸には身体にいいことがたくさんあります!

○お灸とは?

そもそもお灸とはヨモギの葉の産毛を乾燥させ艾(もぐさ)と言うものにしてそれに線香などで火をつけ身体に温熱刺激を加え様々な効果を出す治療法になります。

素材が天然のものですので身体に害はなく副作用もありません(*’▽’)

どのような刺激を加えるかにより使用する艾も変わってきます。家庭で気軽に使用できるタイプのものもあります。

感じ方は暖かく気持ちがいいと感じる方が多く、熱くてやけど・・・なんて場合はほとんどありません(*^_^*)

資格を持った鍼灸師が施灸しますので安心です😊

○効果

主な効果としては痛みの緩和があります。温めるわけですので当然血行もよくなります!

さらに身体の免疫力を向上させる効果もあるのです!!

お灸を施灸することで温熱刺激として体内に刺激を加えると免疫機能を担当している細胞たちが活性化され免疫能力が向上します!

ですので風邪などの感染症が流行してくる秋から冬にかけてお灸を施灸することはとてもいいことなのです(*’▽’)

1回施灸しただけではあまり効果が現れませんので何回か習慣的に行うのがおススメです。

○鍼とお灸

鍼灸と言う言葉がある通りお灸は鍼と一緒に行うことが多いです。

もちろん鍼だけで、お灸だけで治療をすることもしばしばあります。その疾患に合わせて治療をしていきます。

中には『灸頭鍼』と言う鍼の上部にお灸を乗せて鍼の刺激とお灸の刺激を両方一緒に加える技法も存在します。

 

簡単ではありますが『お灸』についてまとめてみました。

名前は知っているがわからないかったことが多いと思います。

この他にも顔面部にできたふきでものを取ったりする効果もあるんです!

お灸や鍼灸治療に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです(*^_^*)

この他になにかわからないこと気になることがある際にはお電話にて当院の鍼灸師がご質問にお答えすることやなにか身体のことで気になる症状などのご相談を受けることもできますのでお電話ください!(^^)!

信州鍼灸整骨院℡:048-864-5400(相談可能)

 

 

カテゴリー: 柔整治療, 鍼灸治療

鍼灸治療で免疫力を上げましょう!

鍼灸と言うと身体に鍼を刺入して痛みを取ったり、和らげる作用があると認識させている方は多いと思います。

鍼灸にはこのような効果ももちろんありますが身体の免疫力を上げる効果もあるのです!

最近ではだんだんと寒くなってきておりそれにより風邪や感染症といった疾患が増えてくる時期です((+_+))

このような時期に免疫力が弱っている人、もともと低い人などは体調を崩しやすくなってしまいます。。

 

そもそも人の免疫機構と言うのは『細胞性免疫』、『液性免疫』と言う2つの免疫機構が存在します。

○細胞性免疫

このシステムは主に血中の『白血球』、『リンパ球』などがメインとなり抗原(悪さをするもの)を攻撃するシステムです。身体の中になにか異物、抗原が侵入してくると真っ先にマクロファージと言う細胞が集まってきて抗原を貪食(飲み込むこと)して自分ごと抗原、異物を排除します。この時に近くの細胞も巻き込んで異物、抗原を排除する場合もあるので炎症が起こります。

主に急性炎症では『白血球』。慢性炎症では『リンパ球』。がん細胞などの排除には『NK細胞』。

と担当が大まかにあります。

○液性免疫

このシステムは細胞性免疫で排除した際にその抗原に適する情報を記憶してそれに合った抗体(武器のようなもの)を作ります。この情報と抗体を使い、次に同じ抗原が侵入してきたらすぐにそれに合った抗体を使い排除するようなシステムになります。予防接種などはこの免疫機構を利用しております。

IGA、IGD、などの名前がついています。花粉などに反応するのが代表的です。

 

私たちはこの2つの免疫機構を使って抗原や異物を排除しています。どちらもがお互いを刺激し合い2つで1つのような役割を担っていますね(*’▽’)

この免疫機構を強化することによって普段の生活の中で生じる風邪や感染症、さらにはがん予防にもつながります!

その効果が鍼灸治療にはあるのです!!(*^_^*)

例えば鍼を体内に刺入することで白血球、マクロファージを刺激し活性化します。活性化すればいつも以上の働きを行うことができます(#^^#)

そしてお灸ではその施術した部位の組織を熱と言う刺激で温め活性化するために同じようなことが起こるんです!

 

この鍼灸の効果を定期的に行っておれば身体の中なら健康に病気になりにくい身体を作ることができると思います!

なにか主訴の訴えがありその治療を行っている期間にも『治療をうけると身体の調子がいい』などの意見をしばしば耳にします(*^^)v

現在では食文化の多様化や過労、睡眠不足などで体調を崩しやすい方が増えております(*_*)

ですのでぜひ鍼灸治療を使い健康で病気になりにくい身体をつくて行きましょう‼(#^^#)

 

当院では女性の鍼灸師スタッフがご相談からでも対応させていただいておりますのでささいな事でもなにかわからないことがある際にはお電話からご相談ください!(^^)!

信州鍼灸整骨院℡:048-864-5400(相談可能)

 

カテゴリー: 柔整治療