なかなか疲れがとれない・・そんな時には鍼灸治療!!

8月も終わり9月に入りましたが台風による気圧の変動、残暑、激しい寒暖差、などなかなか気候が安定しませんね。

十分睡眠をとっているのにも関わらず疲れがとれない、なにかパッとしない、など身体の悩みをお持ちの方も多いと思います(*_*)

もちろん同じ姿勢の持続による筋疲労、睡眠時間が確保できない、リラックスする時間がない、など理由は様々だと思います。
ですが以外にも『自律神経系の乱れ』も原因の一つかもしれません・・・

 

最近よくテレビなどのメディアで耳にすることが多い『自律神経』とはそもそも何なんでしょうか?

自律神経とは内臓臓器を支配したり、身体の代謝に関わったり、私たちの意識して行っていない身体の恒常性を整えていたりする神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経をまとめて言います。

この交感神経と副交感神経はお互いにバランスをとって存在しておりそれにより身体のバランスが保たれています。

例えば夜に自然に眠くなり、朝に自然と目が覚める。このようなことは一見普通にやっていることですが交感神経と副交感神経がしっかりしていないとできないことです。

ではこの自立神経が正常に機能しなくなってしまったらどのような症状が起こるのでしょう?

有名なのは統合失調症などといった気分が落ち込んでしまうような症状です。それに朝になっても起きれない、夜眠ることができなくそのため昼間に眠気が来てしまい仕事に集中できない、などといった症状が多いです。

このような症状が進行して外出したくてもできない、気分が何をするにも落ち込んでしまう、などのうつ病症状が目立ってきます。

一度陥ってしまうとなかなか自分では気分を回復させるのは難しく長期化してしまうケースが多いです。

※交通事故などで交感神経そのものが障害された場合※

交通事故など強い外力が生じて交感神経そのものが引き抜かれたり、傷ついたりしてしまうと交感神経は元の正常な働きができなくなり、それによって様々な症状が生じてきます。例えば発汗異常が生じたり、縮瞳、場合によっては知覚障害なども生じてきます。こちらは大きな病院などで専門の治療が必要となります。

そんな症状が出てくる自律神経ですがこの自律神経の乱れで、疲れがとれない、身体がだるいなどといった症状も生じてきてしまいます・・・

最初は寝つきが悪くなったり、だるさが続いてきたりと普段ありそうな症状から生じてきますが徐々にその疲れがたまり体調が悪くなってきてしまいます。

今日長時間働き、その割には休みが足りていないと言われている日本人には多い症状かもしれませんね・・・

この症状はあまり薬などでは効き目がなくしょうがないと割り切ってしまう方が多いのですが

そんなときに効果的なのが鍼灸治療です!!

鍼灸治療は身体を巡っている『気』を整えるような治療を元に身体全体を診て治療を行います。

そのため自律神経などの全身に分布しているものを整えてくれます(*^^)v

そして身体の内面から巡りをよくし疲れが溜まらないような身体になっていきます!(^^)!

なかなかイメージできない方が多いと思いますが一度治療を受けてみると今まで悩んでいたものが一回で良くなった!など個人差はありますが改善する方が大変多いです!(#^^#)

当院は経験豊富なスタッフが対応させていただいており女性スタッフもおります(*^^)v

身体のことを鍼灸、整骨の両視点から考えることができ患者様の症状に一番適した治療を行っております。

初めてでどのような治療をするのか?料金は?鍼が怖い、など疑問がある方はまずはお電話からご相談ください!(^^)!

信州鍼灸整骨院 TEL:048-864-5400(相談可能)

お電話お待ちしております(*’▽’)

 

 

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療