足関節捻挫について

こんにちわ!

最近ではスポーツブームが起こりスポーツをしている方、身体を動かしている方がとても多いです!スポーツは健康維持にはとても効果的でまたストレス発散、気分転換などの効果もあり効果的です!(^^)!

ですが身体を動かす分当然ケガをしてしまう可能性もあります・・・

今回はそんなケガの中でも特に多い足関節捻挫についてご紹介していきます!

 

○足関節の形態・解剖

そもそも足の関節ってどのような構造をしているのでしょう?

足の関節は脛骨、腓骨、距骨という3つの骨で構成され名前を足関節(距腿関節)または上跳躍関節と言います。可動域の高い関節ですが左右を内側側副靭帯、外側側副靭帯という靭帯で補強されています。

可動域が高いのでケガをしてしまう確率も高くなっています(*_*)

○足関節捻挫

そもそも足関節捻挫には足を親指側に傾ける『うちがえし』と小指側に傾ける『そとがえし』で発生する内側側副靭帯損傷と外側側副靭帯損傷とに分かれます。

うちがえしで受傷するのが外側側副靭帯損傷、そとがえしで発生するのが内側側副靭帯損傷ということになります。

この2つで圧倒的に多いのが外側側副靭帯損傷です!

理由としては足の骨である脛骨と腓骨の長さに違いがあるからです。内側にあるのが脛骨、外側にあるのが腓骨ですが脛骨より腓骨の方が長さがあるため必然的にうちがえしをするケースの方が多いのです。さらに外側側副靭帯の中でも『前距腓靭帯』という靭帯を損傷するケースが大半を占めています。

○症状

●外側側副靭帯損傷

足関節の外側に疼痛、腫脹が見られます。そして受傷から数日たってから足の外くるぶしの下に皮下出血班(内出血)が現れるのが特徴です。ケガをした直後は痛みのため歩くことができないことが多いですがしばらくすると歩けるようになる場合が多いです。

腫れや痛みの程度と損傷具合が一致しない場合があるので自己判断で判断しないようにしましょう!

●内側側副靭帯損傷

内側側副靭帯は別名三角靭帯とも言われており三角形の形をしています。足のそとがえしを強制され発生します。このケガはよく内側のくるぶしの骨折を伴うことが特徴です。靭帯自体は外側側副靭帯よりも強靭なので発生頻度も外側側副靭帯損傷の方が多いです。症状は基本的に外側側副靭帯損傷と似ています。

大きく違うところは骨折を伴いやすい事と発生頻度ですね・・

○治療法

足関節捻挫の治療はケガをした直後はケガの程度に関係なく『RICE処置』を行います。

RICE処置とは・・・

  • R・・・REST(安静)
  • I・・・Icing(冷却)
  • C・・・Compression(圧迫)
  • E・・・Elevation(挙上)          のことです。

この4つのことをとにかく繰り返し行います。圧迫とはすなわち包帯などで固定することで挙上とは就寝時などに患部を心臓よりも高いところに置いておくことで内出血などの吸収を促し血液の停滞を防ぎます。

このRICE処置を行い疼痛の軽減が見られたら次は足回りの筋力強化を行います。実はこの筋力強化がとても大事で再度捻挫をしないような状態を作ります。

 

足関節捻挫は日常よく見られるケガで軽視しがちな疾患ですがきちんと治療をしないと何度も捻挫をしてしまう癖がついてしまうのでもしも捻挫をしてしまったらしっかりと治療を受けに行きましょう!!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療

痛風について

痛風はみなさん日常よく耳にする疾患だと思います。よく聞くのがビールの飲みすぎ、高血圧、塩分の取りすぎなどが原因で発症するということです。なので『贅沢病』とも言われていますね(*’▽’)

今回はそんな痛風についてみていきましょう!

○痛風とは?

痛風とは核酸の成分である『プリン体』という物質の最終産物である尿酸が過剰に作られたり、腎臓の疾患などで排出量が低下したりして高尿酸血症が生じその尿酸が結石を形成しその結石が身体の組織に沈着しそれに伴った疼痛、関節痛、尿路結石、腎疾患などの症状を引き起こす疾患です。

ではその核酸って一体何なんでしょう?・・・

核酸は簡単に言うとDNAに含まれる物質のことです!

すなわちDNAを多く含んでいる食品をたくさん食べていると痛風になるリスクが上がってしまうということです( ゚Д゚

)

DNAが多く含まれている食べ物って??・・・

DNAとはすなわち遺伝情報が入っている細胞のことです。その遺伝情報を持っている細胞とはずばり、卵や、魚卵、海鮮類の食べ物などです!!

ですのでお酒を飲む人に痛風が多いのはもちろんビールなどの摂取でプリン体の蓄積もありますが原因として多いのは『おつまみ』として食べているものの関連が高いのです!それにおつまみで食べているものは味付けが濃いものが多いのでその分水分の接収量も多いため血圧も当然上昇してしまいます( ;∀;)

ですのでお酒好きで味の濃いおつまみを食べている方は要注意デスネ・・・( 一一)

○症状

痛風と言えば急に起こる激烈な痛みが特徴です。その激痛の原因って何なんでしょう?

簡単に言うと核酸の蓄積、沈殿により尿酸の結晶が形成されその結晶が原因で起こる関節炎です。

尿酸の結晶はとてもトゲトゲしていて針状結晶とも言われるぐらいですのでそれが組織に刺さってしまうと考えるとものすごく痛そうですよね・・・(*_*)

好発する場所は主に足の親指の関節(MP関節)、足関節、アキレス腱部です。ケガ、飲酒、不眠、薬剤接種、運動などで疼痛を誘発することがあります。そして発症している部位は赤く腫れ、痛みを伴っています。

皮下に結節が存在する場合もありますがその結節は『痛風結節』というものです。

また痛風の症状として腎不全、尿管結石、なども起こる場合があります。

○治療

治療は主に薬による薬物療法が主体になります。

※痛風が女性と子供に少ない理由※

なぜ9対1という圧倒的な男女差があるのでしょうか?

それはエストロジェンというホルモンが関係しています!

エストロジェンの分泌が盛んな子供や更年期前の女性には痛風は発症しにくいと言われています。。。

 

簡単ですが今回は痛風について紹介してきました。

イメージに通り痛みは相当なものを伴いますので罹患なんてしたくないですよね・・・( ;∀;)

ですので食生活の中で塩分の摂取を抑えたり、適度な運動、暴飲暴食を避けるなど日常生活の中から危険因子となるものを減らしていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療

熱中症について

今年は異常なほどの猛暑が連日続きニュースでも毎日のように取り上げられていますね😢

そんな今日に警戒しなくてはならないのが『熱中症』です!熱中症も毎日ニュースで取り上げられており自分で気が付かなくてもなってしまう可能性がある疾患です。

そんな熱中症を詳しく見てみましょう!

○熱中症とは?

熱中症とは高温や、多湿な環境に長時間おかれたり、適切な水分補給を行わなかった場合などに身体に脱水などの症状が現れ最悪の場合死に至ることもある疾患です。

熱中症の症状は普段から起こりやすい症状と似たことが多いので自分自身でまだいける、時間がたてば元に戻るだろう、など軽視してしまいその結果熱中症に陥ってしまうケースが多いです((+_+))

著名な症状として脱水があります。身体が脱水症状に陥ると身体は正常な恒常性を保てなくなってしまいます。その結果にまた様々な症状が出てきます。そうならないように最低限の知識を身に着けておきましょう!

○症状

○めまい、立ちくらみ

このような症状は熱中症の初期症状として起こることが多いです。気温が高い環境の中スポーツなどで体内の水分が減少すると血液も減少していきます。その結果、脳への血液などの循環量が不十分になりめまい、たちくらみ、顔がほてってくる、などの症状が出てきます。

○身体がだるくなる、気分が悪い

こちらも高温多湿の環境で体内の恒常性の機能が障害され吐き気、などの症状と共にだるくなり、気分が悪くなってきます。

○汗が異常なほどでる、または全くでない

この症状は汗を出したり管理している交感神経の細胞が障害されると出てきます。高温多湿なのに汗が全くでないとなると温度調節の機能も障害されている可能性があるのでとても危険な状態と言えます。

○筋肉が痙攣する(熱痙攣)

こちらは経験のある方もいると思います。『こむら返り』と呼ばれていますね。こちらも脱水により体内の水分量とミネラル量の値が崩れ脳からの指令を伝える神経がうまく作用せず不随意な運動を起こすことがあります。

症状はまだまだたくさんありますがどれも症状が現れてからでは身体はもう脱水になっていたりします。何かしらの症状が現れる前にこまめな水分補給、休憩、などを行うことがとても大事になってきます。

○対処法

自分がいくら注意していても近くにいた人、友人などが熱中症になってしまい倒れてしまうこともあります。そんな時のために対象法も把握しておきましょう!

まずは意識があるかどうかを確認してください。そして状態に応じて救急車を呼ぶなど行動しましょう。

日蔭に移動させ安静な状態を作ってあげましょう。吐き気などをしている時は横向きにし、もしおう吐してしまっても内容物がのどに詰まらないようにしましょう。

服をなるべく薄着にさせここがよく間違われてしまう所ですがキンキンに冷えた水をかけるのはやめましょう!冷えた水をいきなりかけてしまうと血管が収縮してしまい体内の熱が逃げにくくなってしまいます。それを避けるために常温程度の水を霧吹きなどで優しくかけてあげうちわなどで仰いであげましょう。そのまま救急車をまったり意識が回復したなら医療機関を受診させるなどに努めましょう。

夏は旅行などで外で活動する機会がとても多いです。熱中症などにならないように警戒するようにし元気に夏を楽しみましょう!

カテゴリー: 柔整治療