オスグッド・シュラッター病

みなさんはオスグッド・シュラッター病と言う疾患をご存知ですか?

スポーツをされている学生さん、もしくはその親御さん、過去に頻繁にスポーツをしていた方、などはご存知の方が多いと思います。

オスグッド・シュラッター病は発生頻度が高く成長期にスポーツをされている方にとても多いのです。

今回はそんなオスグッド・シュラッター病について投稿していきます!

○オスグッド・シュラッター病

好発年齢は主に成長期(5~15歳ほど)とされています。中でも発症ピークは13歳ごろが一番高く膝関節の伸展(足を伸ばすこと)動作の使い過ぎにより脛骨粗面部に繰り返しのけん引力がかかり裂離損傷に至る疾患です。

簡単に申しますと膝をよく使うスポーツ動作の繰り返しで膝を伸ばす筋肉が付着している部位(脛骨粗面)にけん引力と言うストレスが繰り返しかかりその部位に痛み、腫れ、隆起などといった症状が出てくる疾患です。

よく膝の下の部位が盛り上がっていて痛い、といっているそれがオスグッド・シュラッター病です。

膝をよく使うスポーツはサッカー、バレー、バスケ、テニスなどたくさんあります。

ですのでオスグッド・シュラッター病は特定のスポーツに好発する疾患というわけではなくスポーツ全体で幅広く発症する疾患と言えます。

○症状

主な症状は熱感や腫れ、痛みですが一番の特徴は脛骨粗面部(膝の下)の骨性隆起です。

脛骨粗面部が盛り上がりコブのようなものができます。これは脛骨粗面部に付着している膝蓋靭帯が繰り返し粗面部を牽引することによって発生します。そのコブの周囲に熱感、痛みなどの症状が出てきます。そしてそれに伴う運動痛、圧痛などもあります。重症例ではこれとは異なる症状も出てきます。

○治療法

繰り返しのけん引力によりコブができてしまうオスグッド・シュラッター病ですがほとんどが保存療法で良くなります。ですが一度隆起した骨性隆起は治りません。

脛骨粗面部を牽引している筋肉(大腿四頭筋)を十分にほぐしストレッチを加えます。これに続けて運動量の制限、アイシング、安静などが主な治療となります。日数は患者様にもよりますがほとんどの場合予後は良好です。また牽引力のストレスを軽減してくれる『シュラッテル・バンド』も有効なことが多いです!

 

 

オスグッド・シュラッター病は意外に身近な疾患であり気が付きにくいかもしれませんがやはりスポーツのコンディションには大きくかかわりますのできちんとした治療が大切です。

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療

鍼灸治療

最近では健康ブームが起こっており自宅でできる健康法や、食事、などと同時に『鍼灸治療』も注目されています!

ですが鍼灸治療ってどんなことをするの?どんな時、症状に効果的なの?・・・と言ったお声をよく聞きます。

以前にもいくつか鍼灸治療について投稿させていただきましたが今回も少し当院での鍼灸治療について紹介していきます!

○鍼灸治療の特徴

鍼灸治療は東洋医学の考え方を元にしている治療法です。

東洋医学とは現在のほとんど使われている西洋医学の考え方とは全く異なり起こりはヨーロッパから見た東洋、中国やアジア、日本などです。

特徴としては人間が生まれながらにして持っている『気』などを重点的にとらえ気の流れ『経絡』、そしていわゆるツボ『経穴』を使って治療を行います。

また鍼灸治療はその先生や流派によって治療法が違い様々な方法があるのも特徴的です(#^.^#)

お灸も様々なタイプのものがありその患者様に合ったお灸の種類や方法を選んで治療します。

お灸は特に女性に『気持ちがいい』、『暖かくてリラックスできる』と人気ですね(*^-^*)

○鍼ってやっぱり痛いものなの?

鍼治療のイメージを聞くと『痛そう』、『怖い』などお灸よりはいいイメージをもっているかたはあまり多くないです・・・😢

でも長さのある鍼を体内に刺されるわけですからイメージ的には痛いですよね・・(~_~;)

ですがやってみると『あまり痛くなかった!』と言う感想の方が多いのです!!😊

そもそも鍼の太さは髪の毛より細いかそのくらいなのです!ですので皮膚に刺す瞬間はほとんど痛みを感じないのです!そしてだんだん刺し込んでいくと『響くような感覚』、『重い感覚』と言った鍼特有に感覚が生じてきます。この感覚を痛みとして感じてしまう方も多いのです( ;∀;)逆にこの感覚が『気持ちがいい』、『効いている感じがする』などと感じる方もいらっしゃいます!(^^)!

ですので痛い、痛くないなどはもちろん鍼灸師の腕にもよりますがその日の体調、患者様の感受性、鍼治療に慣れているか、などでその人の感じる『鍼の感覚』は違ってきます(*^_^*)

○最近の当院での鍼灸治療

実際に当院で鍼灸治療を受けていらっしゃる患者様の例を紹介します😊

○股関節の動きが悪く痛みがある

この患者様は左の股関節の可動域が悪く股関節を外側に開く動作があまりできませんでした。

治療は周囲に鍼を刺し周りの関係している筋肉を弛緩させその他の症状に関係するツボを使って30分程度治療をしました。

再度股関節の外転を行ってみると先ほどよりはスムーズに大きく開くようになり痛みも激減しました(*^^)v

歩行時も痛みはなく歩く動作がスムーズにできるようになったとのことでした!また長い期間あまり開かなかった股関節が30分程度の治療でスムーズに開くようになったことが一番の驚きだった。とのことでした(*^_^*)

当院ではこのような運動機系の疾患から内臓の疾患、自律神経系の疾患など様々な症例を対象に治療をしております!

 

 

簡単にですが鍼灸治療について説明してきました!ですがこのような文章ではわからないことや違う場合など疑問が多いと思います。

当院ではご相談からでも受け付けておりますのでなにか不安な事、わからないことなどがあればお気軽にお電話や来院して頂ければお力になれると思います!

信州鍼灸整骨院 TEL:048-864-5400(相談可能

)

カテゴリー: 柔整治療