足がムズムズする・・ むずむず脚症候群

みなさんは夜、または日中に足がムズムズする、足を無性に動かしたくなる、足の中を虫がはっている感じがする・・・などのことを感じた事はありますか?

この症状が続いている場合は『むずむず脚症候群』と言う病気かもしれません。。

あまり聞き覚えがない疾患だと思いますので詳しく見てみましょう!!

○むずむず脚症候群とは?

別名をレストレスレッグス症候群、下肢静止不能症候群とも言います。その名前の通りに脚がムズムズする、嫌な感じがして無性に動かしたい、などの症状が布団に入ってリラックスしている時などに出る神経系の疾患です。

特徴として仕事中や集中している時などにはあまり症状が現れず一日の予定が終わりやっと一息、、と言う時に症状が発生してきます。寝ようとして布団に入ったときなどにも表れその症状によりなかなか寝付けず不眠になってしまいそれに伴ってまた別の症状が出てきてしまいます。

はっきりとした原因は不明で絶対的な治療法もあるわけではありません。あるデータによるとうつ病を併発している方が多いとのことです。

○原因

先ほども申しましたがはっきりとした原因はわかっておりません。

ですが脳から分泌されるドーパミンの異常、鉄欠乏性貧血、心因性のストレス、うつ病からの発症、出産、などが原因ではないかと考えられています。また自律神経系の伝達がうまくいかずに発症する場合もあります。

鉄欠乏性貧血になっている方に発症しているケースが多く体内の鉄不足も原因ではないかと考えられております。

うつ病からの発症もありますが、ムズムズ脚症候群になってしまい夜に十分な睡眠がとれず寝不足になり、お仕事やプライベートの面でストレスがたまりうつ病に陥ってしまうケースもあるようです。

○症状

症状は様々ですが一番多くこの疾患の特徴的なのが足の中がムズムズして動かしたくなる症状です。

足の外側ではなく中の方の奥の方にムズムズした感じがする、虫がはっている感じがするなどと言った症状が大多数です。そのムズムズする感じは人によっては足だけに出ている場合もありますし背中や、顔面、腕、など症状が出る部位は人それぞれで様々です。

このムズムズした感じが夜や日中時間を問わず出てきて無性に足を動かしたくなります。ですが寝ようとしている時に症状が現れ動かして少し楽になってきたがまた時間が空くと症状が出てくる。これを繰り返してしまい結果不眠症になってしまいます。

それによりうつ病になってしまい症状が進行してしまうケースもあります。

ですのでもし病院などで診察してもらう際は神経科や精神科、などを受診しましょう。

○当院での治療

当院では長年ムズムズ脚症候群の方の治療に携わってきました。

その中で様々な症例を経験しその人に合った治療を行ってきました。やはり病院などでは薬を処方されて様子を見ることがほとんどなので良くなっている実感があまりありません、

当院ではそんな方々の意見を聞き一人一人に合った治療を心がけております。

もしもムズムズ脚症候群または似たような症状でお困りの方はどこに行っても治らない、と決めつけず当院に一度ご来院ください。経験豊富なスタッフが対応させていただきます。

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療

天気痛

今回は天気痛、気象痛について投稿します(*^^)v

みなさんは雨の日や台風、天気の悪い日に『頭痛』、『古傷がズキズキする』、『めまい』などを感じたことがありますか?

このような症状や関節痛みなどを天気痛、気象痛と言っております。

天気痛、気象痛はどのようなことが原因で発生するのか見てみましょう!

○原因

昔から天気が悪いと頭痛がする、めまい、吐き気などもあり具合が悪い。などでお悩みの方はとても多いと思います。その原因としては自律神経系の不調、乱れや血管の拡張などが原因とされています。

自律神経系とは交感神経と副交感神経のことを指します。気温、気象、気圧などが原因で普段は両方バランスを取っている交感神経、副交感神経がどちらかが優位に働いて異常にイライラしたり気分が乗らなかったりと言った症状が出てきます。その症状がストレスとなりモヤモヤする感じや何か調子が悪いという症状が発生します。このような症状が普段気になっている頭痛などの痛みをさらに強めてしまいます・・また血管も交感神経により拡張され拡張した血管が近くの神経を圧迫したりして痛みが発生する場合もあります。関節内でも気圧の変化に伴い痛み誘発物質などが分泌されズキズキや嫌な感じの痛みが生じてきます。また耳の奥にある三半規管なども影響を受けめまいや吐き気と言った症状も生じてきます。

一般的にはこのようなことが原因ではないか、とされていますがはっきりとはわかってはいません。ですので治療法も定まっているわけでもないのです・・・

○症状

めまい、頭痛、吐き気、倦怠感、関節痛、過去に負傷した部位が痛む、イライラする、パッとしない、肩凝りなどのもともとある症状がやけに気になる。

などなど人によって様々なようです・・・

○対処法や予防法

これと言った治療法がないので対処法、予防法が大切になります。

まず自律神経系の乱れが大きいので忙しくても一息置きリラックスする時間も持つのがいいでしょう。バランスが崩れているので脳内もモヤモヤ、イライラしていることが多いと思います。ですがそこで一息置き気持ちを切り替えて行動するのがいいでしょう(#^.^#)

関節などが痛む場合はサポーターなどを着用し無理な運動、行動などを避けるようにしましょう。

痛み、張りが強い場合、ひどい場合は整形外科や整骨院を受診しましょう!

また天気予報を見て天気を把握し痛め止めを飲むなど備える準備も良いと思います。

自律神経系の不調なので気分転換、気にしすぎない、など自分で自分をコントロールすることがとても大切ですね!!

 

以上天気痛、気象痛についてまとめてみました!

大事なことは痛みを抑えることも大事ですが痛みを発生させないように気分転換など自分自身をコントロールし自分の今の状態を把握することが大切でしょう😊

 

カテゴリー: 柔整治療

骨端症について

今回は子供の成長期に発生する骨端症について紹介したいと思います。

○骨端症って何?

骨端症とは子供の成長期に運動などの外力が原因で骨の骨端部に阻血性壊死などの症状が出る疾患をまとめて言う疾患です。

大きく分けて『牽引型』と『圧潰型』とに分類されます。

いくつか有名な骨端症を詳しく見てみましょう(*’▽’)

○ぺルテス病(圧潰型)

この疾患は成長期の大腿骨頭の阻血性壊死であり原因は不明ですがケガや内分泌疾患などが考えられています。

この疾患は女子が発症すると男子よりも予後が不良と言う特徴があります。また発症年齢が遅いほど(9歳ぐらい)予後が不良とされています。

症状は主に跛行です。疼痛は股関節以外にも大腿部前面、外側面、膝関節にも及ぶことがあります。

特に特徴的なのは炎症症状はないが可動域制限が必発することです!

○オスグッド・シュラッター病(牽引型)

こちらは骨端症の中でも知っている方も多く、発症した方も多い疾患だと思います。

成長期の膝を伸ばす行為のやりすぎで脛骨粗面部が裂離損傷するケースが多いです。オーバーユース。

発症は13歳ごろがピークとされています。男子に多く脛骨粗面部の隆起(もりあがり)、疼痛、運動痛などが主な症状です。ですが重症例では症状が異なることがあります。

診断は脛骨粗面部の隆起があるため容易に診断できます。

治療法は主に大腿四頭筋のストレッチ、安静、が一番重要となっています。疼痛軽減のためのシュラッテルバンドも有効です。

○ブラント病(圧潰型)

こちらも成長期の脛骨に発症する疾患です。脛骨の上側が骨化する特徴があります。原因は不明です。

症状は脛骨の内側が骨化するのでそれに伴って脛骨が内側に曲がってくるのが主症状です。

また3歳以下で発症した場合は両側性、4歳以上で発症した場合は片側性に発症しやすいとされています。

脛骨が内側に曲がってくるので外観が内反膝(O脚)のように見えます。

○セーバー病(牽引型)

アキレス腱が踵骨を牽引して炎症、無腐性壊死を起こす疾患です。

7,8歳ぐらいの活発な男子に好発するといわれています。(肥満体形の男子も)

この疾患は比較的予後が良好な場合が多いです。

症状は踵骨部の疼痛をさけるためつま先歩きをする、運動痛、圧痛などです。

○キーンベック病(圧潰型)

こちらは手の月状骨と言う骨の疾患です。手関節の使い過ぎなどにより血行障害が起こり月状骨の軟化、圧潰が起こります。好発年齢は20歳代に多いです。50歳代まで発症すると言われています。

症状は手関節の疼痛、運動痛、握力低下、腫れなどです。

リキトマン分類により病期をステージ1~4に分類します。

○ケーラー病(圧潰型)、第1ケーラー病

足の舟状骨に発症する疾患です。第1ケーラー病ともいわれます。

3~7歳に多く歩行の際に痛みを避けるため跛行を呈することが多いです。

○フライバーグ病(圧潰型)、第2ケーラー病

第2中足骨骨頭に発症する疾患です。原因不明ですが血行不良、ストレスなどが関与していると考えられています。

13歳前後の女子に多く発症します。

症状はこちらも痛みを避けるような歩行が特徴的です。

 

今回紹介したものは少ししかありませんが骨端症には予後が良好で治りのいいものもあれば予後不良で長期治療を要するものまで様々です・・・

骨端症は診断にX線が有効なのでなにか気になることがある場合には一度検査をされてみるのがいいでしょう。

 

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療