椎間板ヘルニア

今回は最近よく耳にするヘルニアについて投稿したいと思います。

頸椎、腰椎と椎間板ヘルニアは発症しますが今回は腰椎椎間板ヘルニアについて投稿します!

○腰椎の解剖と発生機序

解剖:腰椎とは腰部にある5つの椎骨のことを言います。椎骨の中に脊髄があり各椎骨の間から足などに行く神経が枝を伸ばしています。

発生機序:定義としては脊柱管内に突出した椎間板により馬尾神経が圧迫され坐骨神経痛などの症状を引き起こすとされています。馬尾神経とは足などに枝を伸ばす神経の束のことです。加齢とともに症状があまり現れず無症状のまま発症する場合もありますし逆にレントゲンで突出が確認されているのに腰痛、神経症状が消退するケースもあります。ですので腰椎椎間板ヘルニアと診断するに診断基準が設けられています。

○症状

  1. 坐骨神経痛
  2. 腰椎の前屈制限
  3. 坐骨神経痛に伴う側彎
  4. 腰痛、下肢痛
  5. 障害神経根の領域に生じる神経症状
  6. 膀胱、直腸障害

※膀胱、直腸障害、進行する神経麻痺の場合は緊急手術が適用となります。

○診断

①腰椎の前屈が制限されている。②ラセーグ徴候、SLRテストなどで下肢痛が誘発される。③障害部位の神経症状

以下の3徴候がある場合臨床的に腰椎椎間板ヘルニアと診断をくだします。

画像診断:X線写真、MRI、CT、脊髄、椎間板造影などを行い他の似た疾患と鑑別し腰椎の障害高度を確定診断します。

似たような疾患:腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症。

○治療

先ほども書きましたが膀胱、直腸障害、進行する神経症状がある場合には緊急手術の適用となります。

その他の症状には基本的に保存療法を段階的に行っていきます。急な腰痛などで発症した場合にはコルセットなどを使って2,3日安静にする場合もあります。

保存療法で効果がない場合は手術療法の適用となります。

 

以上腰椎椎間板ヘルニアについて簡単ですがご紹介しました。

イメージ的に痺れと腰痛が続く病気かなと思っていても案外重症例では手術を行うケースもあります。

もしも自分に今回書いた中で該当することがいくつかある場合は一度専門医のもとで診断してもらうことをおススメします!

 

カテゴリー: 柔整治療

最近の当院での治療

今回は実際に当院で治療を行ったことについて紹介します!

○ケース1:自宅で転倒しかけて腰を痛めた。

問診をしたところ昨晩自宅で転倒しかけて腰を踏ん張った際に痛みが生じたとのこと。

運動診では腰の後屈、側屈の際に痛みが生じ可動域が減少していました。足部や腰部周りのシビレなどの神経症状はなかったため筋、関節に問題があると考えました。

患者様の腰部当たりの筋肉を触らせていただくととても緊張していて悪い状態でした。

ですので腰部周りの筋を手技で弛緩させ腰部の緊張をとり、腰のストレッチやバックトラック療法を行い様子を見ました。数週間で腰部の疼痛は改善され可動域も正常に近い運動ができるようになりました。まだ完全に治癒したというわけではないので痛みが生じたらまたすぐに来院するようにお願いし様子を見てもらっております。

○ケース2:子供が父親と遊んでいたら腕が上がらなくなった。

問診から遊んでいた際に少し腕をひっぱったら泣いてしまい腕を上げるのを嫌がるようになった。とのこと。

こちらは症状と発生機序、年齢がまだ2,3歳で幼いということで『肘内障』と考えました。

肘内障とは肘関節を構成している橈骨(とうこつ)、尺骨、上腕骨と言う骨があります。その橈骨の橈骨頭と言う部分が橈骨輪状靭帯から抜けてしまい一種の脱臼のような亜脱臼と言う状態になってしまいそれに伴って腕の挙上や疼痛、動かすこと自体を嫌がるなどの症状が生じる疾患です。この疾患で一番特徴的なのが大人には発症しなく子供(0~5歳ごろ)に好発して発生するということです。理由は橈骨頭は成人になるにつれ形が変わってきて輪状靭帯から抜けなくなるので成人で似たような機序で発生するするとしたら肘関節の脱臼などになるからです。

今回は当院の総院長が対応しました。総院長は30年以上この業界に携わっており数々の外傷を経験しておりますので正確であまり時間をかけない整復を行いました。やはり時間が経過してしまうと整復しにくくなってしまうので当院ではあまり時間をかけずに正確な整復を心がけて施術を行っております。

この患者様も整復した直後から疼痛も軽減し腕もいつものように使用できるようになりました。念のために翌日もう一度来院してもらい状態を確認しました。なんともなかったので抜けてから数日はまた抜ける可能性が高いので注意してください。と伝え施術は終了しました。

肘内障は抜けやすい肢位(体勢)があるので注意しましょう!

手をつないでいていきなりひっぱった、子供が寝ていて寝返りを打った際に自重で抜けた。などなどです・・・

○ケース3:股関節に疼痛があり、歩きにくい。

問診から数日前から股関節が痛く歩きにくいとのこと。こちらの患者様はステロイド薬を服用されていましたのでこれは少し難しい症例かな・・と思いました。

※ステロイド薬と股関節の痛み。

あまり関係なさそうなこの2つですが実はステロイド薬を多量、長期にわたって服用していると『無菌性骨壊死』と言う症状が起こる場合があります。無菌性骨壊死とは骨の一部分が脆くなってしまい痛みが生じる疾患です。特にこの疾患は股関節を構成している大腿骨頭と言う部位に起こりやすいです。

この無菌性骨壊死による『大腿骨頭壊死』を疑ったため血液検査やMRIの検査を進めました。そして検査をしたところステロイド薬も長期で多量に服用しているわけではなく血液検査、MRIでも問題がなかったために施術を行うことにしました。

今回は当院の鍼灸師が対応しました。股関節周りに鍼、灸を行い疼痛の緩和と可動域の回復を目指しました。

施術が終了した際には疼痛は軽減しているがまだ少し違和感が・・と言う感じでした。鍼灸治療は施術した直後ではなく時間が経過してきて効果が出てくるケースが多いので自宅で安静にしてもらい様子を見てもらうようにしました。

1週間後ぐらいに来院された際に股関節の様子を聞くと『あれから徐々に良くなっていき今では全く気にならない!』とのことでした!

この患者様は鍼灸治療が身体に合っていたようで効果が出るのが早かったようです(#^.^#)

今回はほんの一部でしたがこのような施術やその他の施術を行っています(*^^)v

当院では経験豊富なスタッフが充実しておりますので安心して施術を受けることができます!またその疾患以外のことにもご相談いただければお力になれると思います(*’▽’)

なにか気になることがあればお電話お待ちしております!!

TEL:048-864-5400(相談可能)

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療

整骨院、接骨院の資格について

整骨院、接骨院には受診したことがあるけどそこで働いている人たちってどんな資格を持っているの??

と言うお声をよく耳にしますので今回は私たちの資格についてお話します。

まず整骨院で勤務している人は柔道整復師と言う資格を持っています!

よく勘違いされがちなものは・・

整体師、理学療法士、あん摩マッサージ師、スポーツトレーナー、などです・・・

○整体師

こちらは民間資格の資格になります。整体師では整骨院を開業することはできません。

○理学療法士

こちらは国家資格になります。高校卒業後、専門学校、大学などで3年、4年専門分野、医学分野の勉強をして国家試験に合格しなければ取得はできません。病院、整形外科などで主にリハビリテーションなどの業務を行っております。

○あん摩マッサージ師

こちらも国家資格になります。専門学校などで専門分野、医学分野を学習後国家試験に合格して取得することができます。あん摩、指圧、マッサージなどの手技を主に使い人体にアプローチする施術者です。病院やクリニックでの勤務が多いようです。

○スポーツトレーナー

こちらは意外にもこれと言った資格は設けられておりません。民間資格は設けられていますがほかの医療系国家資格を取得している方が多いようです。職場はジムやプロスポーツ選手のトレーナーなど様々です。

○柔道整復師

こちらは国家資格になります。高校卒業後専門学校、大学などで解剖学、生理学、臨床医学、病理学、外科学、柔道整復理論などの専門分野、医学分野を勉強し国家試験に合格して取得ができます。職場は整骨院、整形外科、病院、トレーナー、介護施設など様々です。柔道整復師は開業権がありますので整骨院などを自分で開業することができます。また健康保険を使用することもできます。整骨院で勤務している人はこの資格を有しています。

簡単ですがこのようにまとめてみました。実はそうなんだと言う資格もありますね(*^_^*)

○柔道整復師とは?

柔道整復師とは昔から『ほねつぎ』、『接骨師』などとして知られています。現在では専門学校、大学で専門分野、医系分野を学習し国家試験に合格して免許を取得できる形になっております。

骨、関節、靭帯、筋、腱などに発生する骨折、脱臼、捻挫、打撲に対して手術を行わない『非観血療法』と言う方法で人間が持っている『自然治癒能力』を最大限に生かし施術を行っております。最近では『柔道整復学』などの専門科目のほかに『一般臨床医学』、『リハビリテーション医学』、などの医系科目も学ぶため整骨院はもちろん整形外科、病院、介護施設、スポーツトレーナーなど活躍の場はとても広範囲になってきています。また柔道整復師の資格と別に鍼灸師などの資格を取得し鍼灸整骨院として施術を行っている治療院も増えてきています。

○整骨院の保険って?

健康保険を使って治療をすることができます。ただし使用には制限があります。

使用できるものはスポーツによるケガや日常生活動作内で発生したケガ(転倒など)による損傷となっております。また期間も決まっており急性期と亜急性期に発生したものとなっております。

※急性期➡発生から1~3日程度経過した状態。亜急性期➡発生から10日前後経過した状態。

ですので、10年前から肩凝りが・・・なんて場合は健康保険は使えないのです(*_*)

昨日首を寝違えてしまった。今朝起きたら腰が痛い。などは使用可能になります。

 

当院では患者様一人一人に時間をかけてじっくりと治療を行っております(*’▽’)
なにかご相談などがあればお気軽にお電話ください(#^.^#)

TEL:048-864-5400(信州鍼灸整骨院)

 

 

カテゴリー: 柔整治療

スポーツ外傷

最近では東京オリンピックの開催も予定され全国的にスポーツ人口が急上昇しています

スポーツ、運動は健康な日々を過ごすためにはとっても大事な事でもあり、またストレス社会の現代ではストレス解消もできるとして何かしらの形でスポーツを行っている方は大変多くなってきています!

そんな健康、身心にいいスポーツですが忘れてはいけないのはケガです

スポーツを行う機会が増えてくるとそれと同時にスポーツ性の外傷(ケガ)のリスクも上がってきます。実際に何年も運動をしておらずいきなり久々に運動を行ってケガしてしまう方はとっても多いです( ;∀;)その他に例えばお子さんが部活動、授業、スクールなどでケガをしてしまうケースもありますよね・・特にコンタクトスポーツ(ぶつかったり相手との接触が多いスポーツ)では運動が激しい分ケガの危険性も症状なども悪くなります(*_*)

○スポーツにおけるケガの部位別発生頻度と多い疾患

①部位別発生頻度

  • 1位:足関節
  • 2位:手の指部
  • 3位:膝関節

②ケガの種類別発生頻度

  • 1位:捻挫
  • 2位:骨折
  • 3位:打撲・挫傷      ※脱臼は意外に全体の2%・・

③ケガの種目別発生頻度

  • 1位:アメフト
  • 2位:ラグビー
  • 3位:バレーボール

と言うような結果がでております。①部位別発生頻度ではやはり足関節の捻挫が多いです。それとほぼ同じくらいの数値で発生頻度が高いのが手指部の捻挫です。足関節の捻挫は運動量の多いスポーツに多く発生しています。手指部の捻挫と言うと指の突き指なども含まれます。また指は骨の大きさが小さいのでしばしば骨折となるケースも多いようです。②の種類別発生頻度ではこちらもやはり捻挫が多くなっています。捻挫は大部分を足関節が占めているようです。たしかに足の捻挫って一度は受傷した覚えがありますよね・・・捻挫が多い理由として意外なのがしっかりと治療しないでおいてしまったことがあるんです!捻挫をして整骨院や病院などで治療をしてもらって痛みが止まり動かせるようになったらそこで『もう痛くないしいいや!』と思い治療を終了してしまうケースがほとんどです。ですがたしかに痛みは止まり治ったと言えば治ったように思えますが大事なのは痛みが引いてからの筋力トレーニングなのです!捻挫をすると靭帯などが引き伸ばされてしまいます。その伸びた靭帯をそのままにしておくとまた捻挫しやすい状態になってしまいます。そうならないために周りの筋肉達の筋力を強化して捻挫をしにくい状態にしないといけません。この治療を飛ばしてしまうのでまた捻挫をしやすくなってしまうのです・・③の種目別発生頻度では圧倒的にアメフトが多いです!やはりあのように衝突や転倒などの物理的刺激が多いスポーツではケガも多くなってきます。

○ケガのないようにスポーツをするには?

ケガのないようにスポーツをするにはやはり十分な準備運動とストレッチ、無理なことはしない。などが大事だと思います。しっかりと準備運動を行い筋肉に(これから運動するよ!)としっかり合図をし運動を始める。運動前にはストレッチを十分に行い筋肉のケアを行う。このことをしっかりと行いスポーツに望むのがいいと思います😊

しっかりとケガの予防をしスポーツを楽しみましょう!!

当院では骨折、脱臼、捻挫、、、などのスポーツ外傷には自信をもって治療させてもらっております!!

当院の総院長は骨折、脱臼のスピーディーかつ正確な整復を得意としております。整骨院ではレントゲンは取れませんが整復には自信をもっております!

もしもケガをしてしまった場合には当院にお任せください!

信州鍼灸整骨院:TEL048-864-5400(相談可能)

まずはお電話からお持ちしております(^^♪

 

 

 

 

カテゴリー: 柔整治療