むずむず足症候群の当院の考察・・

http://medicallife.net/muzumzu-123参照
●当院では、毎年、数十人の方がむずむず足症候群で又はむずむず足症候群ではないかという疑いで来院される方
 がいらっしゃいます。むずむず足症候群の原因や改善方法等は当院のホームページに詳しく記載されていますので
 そちらをご覧になって頂きたいと思いますが、私たちが考えるにこの疾患に対する問題はたくさんあるかと
 思われます。そういった私たちが実際に聞いたり、見たりしたりして思考したことを語ってみたいと思います。

●私たちがまず思うことは、この疾患に罹患している患者様が多く存在し、現代だからこそ増えている疾患なの
 だと感じることも多いです。現在は、この疾患に対しては、特効薬が無く、知識を有している先生も少なくて、
 治療が難しいように感じます。大学病院や内科、神経外科、睡眠外来にほとんどの患者様が診察を受けて来院
 される方がほとんどです。その後、治療で漢方店に行かれている方も多いです。又、2、3院の病院を周って来院
 されることが多く、それは1つの院ではっきりした診断がなされることが無い場合も少なくなく、最終的に
 むずむず足症候群ではないかという診断に至る場合も少なくないからです。資料や文献を見ると、現在国民に
 対して200万~400万ほどが罹患しているとみられていて、そのうち治療が必要なのが、70万~80万ほどでは
 ないかと言われています。これは、決して少ない数字ではないと思います。総人口の2%~5%がむずむず足
 症候群だということなのですから。
 
 http://www.52jsxy.com/entry6.html参照

●この疾患は、私たち医療従事者でも、名前ぐらいは知っていても、治療法や改善の仕方がわからない方はまだ
 多いと感じます。なので、なんとなくの診察と良いと言われているような治療をされてしまっていて、
 こういったことをすれば良い経過をたどっていきますよというような、疾患に対しての改善させるための
 道筋をアドバイスできる方は少ないと思います。はっきりした原因もまだ解明はされていませんが、当院は
 現実に治療実績が毎年のように積み重ねられ、高い確率で、改善できます。むずむず足症候群は、精神疾患が
 深く関わっています。私たちが行う、物理療法も加えて、心の状態も自分で改善していくように、2つ同時進行
 で治療していかなければ、改善することは難しいです。物理療法を加えて、一時的に良くなることが多いので、
 マッサージやストレッチなどをして楽になることは多いです。血行改善をすることによって、神経にかかる
 ストレスや心の余裕がでてくるものと考えます。原因として、根本は、例えば仕事で毎日書類に追われて、
 ストレスを常に感じている人や子供が周りからいじめを受けていたり、疎外感を常に感じている方に罹患者
 が多いです。なので、必ず最初に理由はなにであれ、ストレスを多く常に受けていて、過敏な状態が続くこと
 によって、自律神経のバランスが乱れてしまい、交感神経と副交感神経が働かなければいけない場面がずれて
 きてしまい、それが症状になってくるものと私たちは考えています。それを改善させるべき、物理的な治療は
 もちろんのことですが、患者様によって、環境を聞き、的確なアドバイスをしていきたいと考えて日々治療に
 当たっていきたいと考えています。悩んで、お困りの方は多いと思いますので、お電話のみでもアドバイスは
 できますので、気軽に当院にお電話頂ければと思います。

カテゴリー: 信州ブログ